回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/13 14:55

22回答

火縄銃は現代の銃と同様に、薬莢に銃弾の発射薬が詰められていたのですか?

歴史 | ミリタリー45閲覧

回答(2件)

0

基本的にはってことですが… ①銃口側から火薬を入れる ②銃口側から弾を入れる ③銃口側から棒でつついて弾を押し込む ④銃側面の火皿に火薬を入れる。 といった方法で装填します。 時間短縮のために、①と②を紙で一まとめにした紙薬包も生産されました。 現在と同じ様なセンターファイヤーの金属カートリッジが出てきたのが1800年代です。 そして発射薬が黒色火薬から無煙火薬になったのが1800年代末です。 ※1800年代末から銃弾自体の構造は変わっていない。

0

もちろん違います。 金属製薬莢が発明されるのは1830年代です。 戦国時代には、一発ごとに火薬を分けた紙製の早合もつかわれましたが、破って中の銃弾と火薬を入れるだけです。

画像