ID非公開

2021/10/13 22:07

44回答

自動車用の光るスピーカーについて法的な質問です。 最近、カロッツェリアのTS-X25という光るスピーカー(ブレーキに連動し、光が青から赤へ変化する)物を入手しました。

補足

スピーカーはこれです。 配線を全て説明書通りに接続すると、スモール点灯で青?黄緑?に光り、ブレーキを踏むと赤色に光ります。 ※当方はブレーキの配線をカットしています。 http://uproda11.2ch-library.com/e/es000151600615874011260.jpg

法律相談 | 自動車153閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/10/14 0:08

回答ありがとうございます。 法改正でNGになった訳ではなく当時からNGだったのですね。 そして道交法ではなく道路運送車両法でしたか、教えて頂きありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、回答ありがとうございました。 ベストアンサーはかなり悩みましたが、詳しく書いて頂いた方に致します。

お礼日時:10/18 0:03

その他の回答(3件)

0

古い車なら赤くても文句言わないでしょう。そもそもハイマウントみたいに明るくないですからね。

ID非公開

質問者2021/10/18 0:00

回答ありがとうございます。 結構暗いですね。

0

あーーーあったねぇそういうスピーカー。 多分、現在の基準で言えば、「緑」も「青」も「その他の灯火」という枠組みではOKのはずです。 ただし、緑は「速度灯」と誤認させるような位置への取り付けと「点滅」「明滅」「色が変わる」は、当時でもダメなはずです。 なので、前から光が見えるだけでも「速度灯と誤認させる」としてダメかもです。 「ピンク(桃色)」とかもたしか現在まで、まだ明確には禁止はされていないはずです。 青紫も高さによっての規制があったと思います。 そして、光量も300cd以下までです。 室内からの光は、いつからダメになったんだっけかなぁ? とにかく、「赤」「白」「黄色」「橙」は後方には使用できない灯火の色になります。

ID非公開

質問者2021/10/13 23:57

回答ありがとうございます。 速度灯については考えてもいませんでした。光り方が弱い為、フロントからは見えないように思います。 やはり販売時からアウトギリギリの所を狙った商品なのですね。

0

法令の現物をあたってないので、記憶ですが・・・ 後部にテールライト、ブレーキランプ、バックライト以外の発光するものを取り付けるのが違反だったように思います。 なので、 ・緑に光ってるのがそもそもアウト ・赤に光る時も面積等から制動灯と認められない のような事があるのではないかなと?? また、法改正がその時にあったかどうか不明ですが、ガラスの内側なのでそもそもグレーだったものが関係省庁から「ガラスの内側であっても灯火とみなす」のような見解発表されたのかもしれません。 また、車両の製造日との関係はよくわかりません。 セーフなのかもしれないですね。

ID非公開

質問者2021/10/13 23:39

回答ありがとうございます。 緑や青のランプについてはかなり長期間、80年代前半から90年代まで様々なメーカーから光るタイプが発売され、トヨタロゴの入ったトヨタ純正品もあったようです。 今回のブレーキに連動するタイプやウインカー連動で点滅するタイプは出て早々に生産中止になったようで、それについての規制があったのか気になりました。 車両の年式を書いたのは法規制があった場合の対象の年式が、車体側になるのかスピーカー側になるのか不明だった為です。