期首に行う再振替仕訳について 再振替の意味がよくわかっていません。 教えて下さい。 ちなみに、 私は現在簿記3級を勉強中です。 例えば、 【例①】 「利息の未払い」 ですが、

簿記 | 会計、経理、財務127閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともありがとございました。 今回は最初に回答くださったアノニマスさんをベストアンサーに選ばせて頂きます。

お礼日時:10/18 14:24

その他の回答(1件)

0

ちょっと勘違いなさっています。 ご質問者さんの言葉を借りれば、 決算整理した仕訳が翌期首に再振替されることで 貸借対照表科目が 「プラスマイナス0になる」ということです。 これでもう一度整理してみるといいと思います。

読み返して、ちょっと伝わりづらいかもと思ったので、補足です。 「プラスマイナス0になる」のは、あくまでも貸借対照表だけの話です。損益計算書は相殺されません。 例①なら、期首の再振替仕訳により、当期の未払利息は相殺されゼロになる一方で、当期の支払利息はマイナス50となります。