ID非公開

2021/10/14 14:24

88回答

ジャズピアノを習うため先生を探しているのですが、以下のような2人の先生がいたと仮定して、どちらを勧めますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

多くのご回答ありがとうございました。うっかり締め切りを過ぎて、質問補足が出来なくなってしまいました…… 皆さんのご指摘、納得しました。自分の今のレベル、目標などよく考えて、まず基本をA先生に習い、機会をみて単発でB先生の教えを受けたいと考えています。 この動画はとても参考になったので、今後この質問を見る方は、ぜひとも見てほしいです。ご紹介に感謝します。 皆さんありがとうございました!

お礼日時:10/22 14:44

その他の回答(7件)

0

最初 A先生に習って、弾けるようになったなと思って A先生に あまり習うことなくなったなと 感じたら B先生に習ったら よいと思います。 或いは 回数減らして 両方習うとか。 かっこいいジャズ演奏をされている先生のレッスンで、 目の前で沢山かっこよく弾いてくれるけど、 「ここは テキトーに弾いて」 みたいに言われて弾かれるので よくわからない、 というのは 数人 聞いたこと あります。 模範演奏は大切ですが 演奏プロっぽい上手な方は 初級理論とか教えるのが上手でない場合もあります。

0

ジャズ歴20年の者です。 B先生に1票入れたいと思います。 私は関東圏でジャズセッションに参加していて、よく理論や和声のことを語る人はみます。それも大事なのですが、もっと”リズム”について研究する量を増やさないとジャズらしくならない人が多いと感じます。 URLを忘れてしまったのですが、ヴィクター・ウッテンというベーシストが、 (A)音使いはデタラメで、リズムはしっかりしたソロ、と (B)音使いはちゃんとしてるけど、リズムはグチャグチャのソロ、 を披露してた動画があったのですが(A)のほうがジャズらしく聞こえました。 勿論理論とリズム、両方大事ですが、 少なくとも今の関東のジャズシーンでは、 リズムをもっと練習したほうがいいプレイヤーが多いかなと感じます。なので、リズムがいいB先生に1票入れます。 ただA先生のメリットとしては、 ・譜面に強くなりそう ・ビッグバンド系には強くなりそう とかは思います。 ご参考までに

0

プロのミュージシャンは、教えるのがメインでなく、 自分が演奏するのがメインなので、 教えるのはいまいちの人が多いと思います。 逆に教えるのをメインにしている人は、 演奏一本でくってゆけないから、教えるほうで金を稼いでいる人も多い。 または、プレイヤーとしてすごく有名なので、 その先生がいるだけで生徒が集まるから、教室から 講師になってくれと逆にたのまれてやってる人。 の、どっちかです。 初心者のうちは、誰にならっても、自分の腕がおいついてないうちは さほど差がでないから、教え方の上手い人にならってもいい。 ある程度中級になったら、今度は自分が音を尊敬できる人の ノウハウを学ぶために、好きな音の先生につくのをお勧め。 コードもまともに弾けないうちに、すごい先生にならおうが、 そうでもない先生にならおうが、自分がコード展開できるまでは 結局同じなんですから。 自分の技術が自由にあれこれ試せるレベルになったら、 好きな先生の音を研究すればいいのではなかろうか? ただJAZZの先生って、本来のプレイヤーは、 あれこれノウハウをうるさくいわない人が多い。 人と同じになって、人と同じ音だしても意味がない。 自分だけの世界というものを追求するから、 好きな音を沢山聞いて勉強しろ、程度にしか言わないんです。 逆にクラッシックの先生って、こまかなところまで あたかも強制かのように言ってくる。 気を付けたいのが、本当はクラッシックだけしかできず、 本人はJAZZだといって、JAZZの曲を弾いているわりには クラッシックのように聞こえて、まったくJAZZじゃないっていう プレイヤーがJAZZを教えてる、くせ者がかなり多い。 これが一番やっかいです。 特に音大でクラッシックだけしかやってないけど、 プレイヤーとしては成り立たなかったから、 教えるほうにまわって、生徒を増やすためだけにJAZZも教える とかいっている人。 音大卒だというプライドだけは高いのですが、 音きいたら、ぜんぜんJAZZじゃないだろ!ってすぐ わかるようなやつ。

音大の先生って、教える時に、自分の音を生徒に聞かせない人も多い。楽器すらひかない人も多い。 けれどJAZZの先生って、自分のプレイをまず生徒に聞かせて どんどん自分の音をぬすめとばかり、いろんなパターンを聞かせてくれる。 私がサックスを習っている時、学校がクラリネットの先生をつれてきた。プロだからと言って。 けれど、サックスを吹いているのに、クラリネットの音を出すのね。 いくら音大卒だからって、いくらぷろだからって、こんなのインチキだと思いました。 教科書をこなせば、指の練習にはなるけど、音のイメージをつくるのに、そんなしょぼい音で教えられたら困るでしょ? 高額の授業料を払っていても、まぁ~ったく、講師を尊敬できませんでした。 それよりも、この人みたいになりたい!って思う人に、教え方がヘタだろうが、ついてゆくのをお勧め。 その人は、講師ではなく、あなたの師匠になるんです。

0

質問者様が、何を目標にしているかです。 少し、ジャズっぽくいろいろな曲が、弾け、アドリブも、少しそれらしく弾ければ良い、どこかで、演奏活動する事がないなら、A先生 バンドなどの活動をしたい、もしくはソロピアノで演奏活動したいなら、B先生ですね。

0

A先生に定期的に習い、B先生の不定期なクリニックなどがあればそれに参加し、その上でB先生に習いたいなら、それに相応しい程度まで腕が上がったらB先生に師事するようにすればよろしいのでは? B先生が公開クリニックなど行っていないなら、お試しで習うなどするしかないかなと思うけど。 A先生に習うメリットは多分生徒自身が望むレベルになるまで基礎事項から金と根性の続く限り付き合って教えてくれるであろうところでしょう。多分、きっと、恐らく。