配偶者特別控除について。パート社員の妻ですが、 今年の年収155万の見込み。 妻の勤務先従業員数 30人。私の年収600万円

社会保険 | 税金1,179閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答が非常にわかりやすかったです。

お礼日時:10/16 23:35

その他の回答(3件)

0

扶養控除等申告書は年収150万円(年間所得95万円)以内だが、配偶者特別控除の上限額は年収201万円(年間所得123万円)以下までです。 5万円オーバーしても特段に問題ないです。

1

来年の扶養(源泉控除対象配偶者)に当たるかどうかは、今年の所得ではなく、来年の所得の見込みで判断します。 今年155万円の収入だからと、来年の収入見込みが同額の155万円とは限りません。 来年も今年と同じ155万円だとすれば、源泉控除対象配偶者には該当しないから、月々の給料からの源泉徴収は配偶者は考慮されません。 ただ、配偶者特別控除は受けられるので、年末調整で考慮されます。 還付の可能性が高くなりますね。

1人がナイス!しています

1つ教えてください。 昨年年末調整提出時、妻の今年の年収見込みを145万と記入しました。 実際はそれよりも多く、150万円の壁を越えてしまいますか、 それについては、別途税金等を徴収されるのですか?

1

201万円までは配偶者特別控除の範囲内ですよ。なのでその金額までなら質問者様は扶養控除の申告ができます。 デメリットは控除金額が少なくなることだけです。でも考えてみれば奥様の年収が5万円増えて質問者様の控除金額が減ってもトータルで考えれば家計に残る分は増えてますよ。

1人がナイス!しています