愛媛県で起きた一家三人殺害事件に関する質問です。 容疑者は普段から「電磁波攻撃を受けている」と主張して警察に相談したり被害者に抗議したりと、度々問題行動をしていた様だけど、

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。

お礼日時:10/22 18:08

その他の回答(1件)

0

中国での電磁波攻撃を取り上げた”24時間、人の声が聞こえる”という動画がアップされています。日本の電磁波攻撃も、中国と同じような状況ですので、参考になります。 皆さん、中国で国民が電磁波攻撃にあっているという内容は信じます。 しかし、日本でも同じような状況なのですが、日本では一切の報道がされませんので、世論誘導により 統合失調症 にされてしまっています。 統合失調症にするやり方は、日本も中国も一緒ですね。 旭川女子中学生凍死事件においても、死体懸案書に患っていない統合失調症の病名が書かれていました。 ウッペツ川に飛び込んで、奇跡的にねん挫で済んだ後、加害者少女たちが”親に虐待されているので自殺しようとした”と警察に言い、警察がそれを信じ、親には会わせずに、精神病棟に入院させた。ということになっていますが、嫌がらせ犯罪は、ターゲットを精神病棟に入れるのが目的です。 旭川女子中学生凍死事件の被害者に対して、目的の精神病棟入院をさせたと思われますが、その後、何があったのか? 電磁波(音声送信)被害者である東京都知事選に立候補した押越清悦氏の旭川街頭において、M氏が重要な証言をしました。 すなわち、生活安全課が政府や警察に取って目障りの人を危険人物に認定し、県警本部の通信指令室の公安部電波部により、情報収集衛星からの電磁波攻撃が行われている。創価学会にも、簡易的な電磁波照射機器が提供されて、嫌がらせ犯罪をしているという内容のものです。 集団ストーカーとは、集団でターゲットを追い回す犯罪ではなく、IOB(行動のインターネット)により、人を追跡するシステムによる壁のない刑務所システムの実験(すでに本番に入っているかも)の為に行われていることです。 海外の集団ストーカーマニュアルで検索すると、集団ストーカーのマニュアルを見ることができます。 日本の集団ストーカーも海外のマニュアル通り行われています。