公務員 判断推理 一般教養 閲覧ありがとうございます。 画像の問題2解ける方いらっしゃいますか。 N個のうち1個だけ軽いものを天秤で見つけ出すには、Nが3のn乗以下ならn回

画像

公務員試験 | 一般教養82閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/16 10:24

その他の回答(1件)

1

(1)81枚を27枚ずつの3つのグループA,B,Cに分けます。 A,BとB,Cに分けて上皿てんびんで2回測ります。Aに偽物が混じっている場合、AとBは釣り合わず、BとCは釣り合います。Bに偽物が混じっている場合、AとB、BとCいずれも釣り合いません。Cに偽物が混じっている場合、AとBは釣り合い、BとCは釣り合いません。 (2)偽物が混じっている27個を9個ずつ3つのグループに分け、同様に2回測ります。 (3)そのうち偽物が混じっている9個を3個ずつの3つグループに分け、2回測ります。 (4)そのうち偽物が混じっている3個を1個ずつに分けて2回測ればどれが偽物か分かります。 (1)~(4)より測る回数は8回です。 ここで、(1)(2)(3)で3つのグループを2回に分けて測る時、1回目に上皿てんびんが釣り合えば、まだ測っていないグループに偽物が混じっていると判断でき、2回目を測らずにすみます。 (4)では3枚のうち質量が異なるものを確認する必要があるため、2回測ります。 (1回目で釣り合っていても、残りの3枚目の質量が異なるかどうかは確かでないため) そのため測る回数は最低で5回になります。 (確実に、というなら8回かもしれませんね) その公式は知りませんが、使えるかどうかについては公式がどのように導き出されたものかによって異なると思います。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。 (4)について、何故2回測るのでしょうか。3枚のうち2枚を測って1回目で釣りあったら残ったものが偽物になるのではないのでしょうか?泣