ID非公開

2021/10/16 8:09

55回答

中学受験する学校の算数の過去問に取り組んでいるのですが解けません。 教えていただける方よろしくお願いします。

画像

算数 | 中学受験230閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/17 22:16

丁寧すぎるくらいの説明と、たくさんの色使いで良く理解が深まりました。 家族のIDで初めて質問したのですが、こんなに親切に教えていただけて驚きました。 親切にしてくださりありがとうございます! またどうしても分からない問題がありましたら宜しくお願いしたいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、小学生のわたしにも分かるように丁寧に説明してくださり感謝しています。 家族のIDで初めて質問してみたのですが、こんなに親切にしていただいて嬉しかったです。 教えていただいたことを自分のものにして活用していきたいと思います。 また壁にぶつかった時にはよろしくお願い致します。 気持ちはみなさんベストアンサーです! 本当にありがとうございました♡

お礼日時:10/17 22:29

その他の回答(4件)

1

この問題のミソは図形の高さがどれも同じだということです。 そのため四角形である長方形と台形を対角線で切って三角形を2つにした場合どの三角形も高さが同じになるのです。 三角形の面積は底辺×高さ÷2ですから面積が同じで高さが一定であれば底辺の長さも同じになります。そして、その長さは三角形が一つとして描かれている左の三角形の底辺6cmとなります。 そこで答を考えると… ① 長方形なので上辺と下辺の長さは同じです。(長方形の定義より) そこで①の長さは6cmを2等分にした3cmとなります。 ② 台形の上辺と下辺を合計したものが6cmですから、上辺の②は6cm-5cmで1cmとなります。 以上 小学生が理解できる説明で書いてみました。

1人がナイス!しています

0

①三角形の面積は長方形の面積の半分です。同じ面積の長方形は、その長方形の半分です。半分の長方形の下底①は 6cm÷2=3cm 答え ①は 3cm ② 三角形の面積は台形の上底が0の時と言えます。 (三角形の面積を上底を0にして、台形で計算してみれば分かりますよ) 高さが同じなので 上底+下底=6cm になります ②+5cm=6cm、②=1cm 答え ②は 1cm

1

このように考えました。

画像

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/16 9:09

解答ありがとうございます。 もう少し小学生に分かるように説明していただけると助かります。