回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/18 18:34

1111回答

パンチ力は大胸筋ではなく背筋の方が重要とされているのはなぜですか?押す動作なので大胸筋の方が重要じゃないの?と思ってしまいます

回答(11件)

1

よく聞くのは パンチ力のある選手は 懸垂をよくやるって聞きますけど 懸垂を沢山やれば パンチ力が誰でもつくのかは 保証出来ません。 ボクシングの世界チャンピオンたちの座談会とかユーチューブで見ますけど ほとんどの人がパンチ力は持ってうまれたものだと言ってます。 誰だって ボクサーはパンチ力が欲しいものです ウエイトトレでパンチ力が大幅に増すなら 誰でもやります。というか今もウエイトを取り入れたトレーニングは普通にしてるけど なかなか思うようパンチ力がアップしてないというのが 実情だと思います。ある程度のレベルの人たちの認識は そういう感じですね ただ 一般人の超超超超凡人レベルが ウエイトトレをやる事によって 超凡人レベルになるという事は十分あり得る事だと思います。 陸上に例えれば100メートルを20秒でしか走れなかった人が ウエイトトレをやる事によって 15秒で走れるようになった これはあり得ますが こういうのを ウエイトトレが いかに有効なのかという事をアピールしていいのかどうかという問題はありますけどね

1人がナイス!しています

0

なんか色々下で動きの力学を語ってる輩が大勢いますが 同じ動作をするなら筋力のある方がパンチは強いです。 当然です。 背筋が強い人はストレートを打った時のインパクトの瞬間の重さがダイレクトに相手に伝わりますのでめちゃくちゃ重たいです。 現にマイクザンビディス、マイクタイソン、山本KID、ジョージフォアマン パンチ力の強い選手は皆、例外なく懸垂をやっています。

0

パンチ力のパワーの元は 「腰」と「背骨」を軸にした 上半身の横回転運動です。 つまり「背骨」を軸にし 「肩」を左右に振る運動で 腕を前に振りだし その勢いで拳を振る運動が 全てのパンチの基本的運動で あとはこの際に肘をどういう方向に 動かすかで 「ストレート系」「フック系」「アッパー系」などを 使い分ける事になります。 この個々のパンチの系統においては 肩の周辺にある色々な筋肉を使うので 「三角筋」や「大胸筋」なども 使うパンチもあれば 使わないパンチもある訳です。 ただ、このどの系統のパンチでも 必ず使う筋肉が 「前鋸筋(ぜんきょきん)」という 脇の下から背中にかけてある筋肉です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E9%8B%B8%E7%AD%8B この「前鋸筋」は 肋骨と肩甲骨を繋ぐ筋肉で 肩甲骨を左右に動かす為に使う筋肉です。 肩甲骨は肩関節を前後に動かす時に 背中で肩関節を押し出す役目をしています。 言い換えると もし肩甲骨が前後に動かないと 肩は体の真横で固定された状態になり 腕を前に伸ばせない状態になります。 その為、前にいる相手に対して 腕を振りだすには 必ず肩甲骨を動かして 腕を前に出す(伸ばせる)状態にする 動きが必須であり この時に肩甲骨を動かす 「前鋸筋」が重要になる訳です。 この「前鋸筋」は いわば腕を前に振りだす際の 土台(肩&肩甲骨)を支える筋肉なので あらゆる前方向への腕の振り運動の 基礎となる筋肉と言える訳です。 どんなに強力なパンチでも その土台・基礎が そのパンチ力を支える事ができないのでは 相手へのパンチの力は半減します。 そこでどんなパンチが得意な選手でも 皆、共通して鍛える必要があるのが この「前鋸筋」となり 一般にはこの「前鋸筋」は 背の筋肉の1つとされるので 打撃系の競技では 「パンチ力には背中の筋肉が重要」 と説明する場合が多いと言う事です。

0

ツイッターで「ベンチプレス パンチ力」と検索すると出てくると思いますが ブラジルの比較研究で、高レベルなアマボクサーで ベンチプレスが強い選手のほうがパンチ力が強いという結果が出ているものがりますよ。 その他にも、スクワットやジャンプ力の記録がいい選手のほうがパンチ力が強い傾向があったようです。 背筋は直接的にパンチ力にかかわることは少なく 「強いパンチを制御するため、回転良く打つためには強い背筋も必要」 ということだと個人的に考えています。

0

空手ではサンチンです。 足裏から、拳まで使う。 モチロン、レベルにもよりますけどね。 ここを使うというものではないような・・・ 手打ちからスタートして、徐々に降りていく。 腰で止まる人は、そのうち背中をも使わなくなりますけど。 モノに当ててみたら?愕然とします。愕然としない人もいるけど。 しかし、大胸筋を使いますか? どえらい不格好になるような・・・ ゴリラじゃないのだから・・