新選組の近藤の最期について。

日本史 | 歴史127閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:10/22 15:26

その他の回答(4件)

1

現代の武士道の解釈やイメージと、幕末・戦前・戦後の武士道が、それぞれ、かなり乖離してるので、 まず、そっちの知識をつける必要があります。 幕末当時、司馬世代、現代人の武士道解釈が全く違う。 近藤と多摩勢の場合は、天領(幕府直接の支配地)出身という独特の思想のある地域なので、そちらの知識も必要です。 ところで、 トップが個人感情で気持ちよく切腹して、部下の進退の責任放棄・自分の任務を頓挫させることって、本当に武士道的な潔さなのでしょうか?

1人がナイス!しています

0

近藤勇は生き延びようとしたのかはわからないけど甲陽鎮撫隊の大久保として新政府軍に出頭して捕縛されたんですけど新政府軍に御陵衛士に残党がいて近藤勇は元部下の前では嘘はつけぬ私が近藤勇だと言ったらしいですちなみに近藤勇は切腹を志願していたそうです。

0

明確な記録ないです。 司馬遼太郎は小説家ですから、歴史の話では無視しましょう。 包囲されて、負けは確実。 ・土方歳三は兵を逃がす為に自らの出向いた。 ・新撰組嫌いは偽名使って生き延びようとした。 何れも矛盾があり不明です。 ※農民から旗本になり、武士として死ぬなら、戦死か切腹でしょう。 唯一尋問記録と称する物があります。維新土佐勤王史でも引用されてますが、直後に新撰組隊員の逆の証言載せる程信憑性がないです。中岡慎太郎、坂本龍馬遭難死のように明治3年と5年の裁判記録残っていれば、史実と小説が分けられれますが。

1

そのころには旧新選組の甲陽鎮撫隊が囲まれて逃げられないので 近藤勇が出ることでみんなを逃がしたという説があります。 大久保大和と名乗ったのはすきがあれば逃げるために変名を 使っていたんではないでしょうか。

1人がナイス!しています