カフェと喫茶店では、メニューの雰囲気が違うのですがなぜでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

1

簡単に言うと、 カフェ=そういう名前の普通の飲食店。 喫茶店=時代劇なんかに出てくる茶屋と同じ形態の 主に休憩を目的とした店で飲み物と簡単な 茶飲み菓子や軽食を出す店の、それの西洋版。 と言う違いがあります。そして、当然営業するために必要な 許可証が違います。カフェは飲み物に主体が置かれているだけで 普通に飲食店なので飲食店としての営業許可が必要になります。 対して喫茶店は、飲食店よりも許可の取りやすい喫茶店営業許可 という物だけで済みます。ただ、許可が取りやすい代わりに許され る営業方法や商品や調理方法がかなり限定されます。 一番の違いはアルコールの販売が出来るか出来ないか、です。 飲食店であるカフェは普通にアルコールが扱えますが、喫茶店 の許可ではアルコールを販売する事が出来ません。 と、それぞれ営業形態が違いますので、当然の様に店の雰囲気や メニューは違ってきます。 稀に喫茶店と言いつつ普通のカフェやレストランと同じような メニューを出している喫茶店も存在しますが、それは単純に 喫茶店と名乗りながら普通に飲食店としての営業許可を取得 しているだけです。

1人がナイス!しています