保険会社は保険を請求してきた人が嘘をついてないか?と調べるとき病院に確認の電話を一件、一件するんですか?保険会社のネットワークでこの人がこの医者に通院したという確認が取れるんですか?

生命保険251閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

一般的には、請求時の必要書類として生命保険会社所定の入院証明書診断書を添付するか、あるいは領収書や診療明細書などで入院日と退院日が判る書類を添付というのが普通。客観的に証明するものがなく本人の自己申告のみで請求を受け付けてくれる生命保険会社があるということに驚きました。 さて、仮に何かしらの証明書を添付しての請求であれば、調査に出さずに保険会社が電話で聞けるような簡単なことは電話で聞いてしまう場合があります。例えば手書きの診断書のため数字が判別できないとかなど、簡単なものです。病院側が個人情報保護法のため教えられないとか、あるいは質問が複雑な場合は調査員(事実確認担当者)を派遣して本人の同意書(個人情報開示目的)を貰って調査員が医師と直接面談して聞き取りをするのが普通だと思います。 請求の際に診断書や領収書の書類が不要ということで、傷病名の割にはその入院期間や外来通院期間が長すぎると推察される場合は、調査員が派遣されて本人からの聴取および病院宛の同意書を貰って担当医に話を聞きに行くと推察いたします。

1

請求書類に証拠を添えてもらうが、それでも怪しいとか、この病気や怪我でこんなに治療が長期にならないだろうとか、疑念があれば、病院に照会します。 当然ですが、本人の了解はとります。

1人がナイス!しています