作曲、レコーディングについてです。 現在作曲を行ってるのですが、自分自身あまり耳がよくありません。

DTM | 作詞、作曲161閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

簡潔でわかりやすい回答ありがとうございます! 耳鼻科で聞こえない周波数調べられるんですね!耳鼻科で調べてもらいます!

お礼日時:10/30 17:24

その他の回答(5件)

0

私はケンカで左耳を殴られてから高音がよく聞こえません。 それでも10年ほど音屋をやっていました。 そんなに気にするようなことではありませんよ。 じきに学習して「こんなもんかな」となります。

0

耳掃除してますか? けっこう大事ですよ。 それでも聴こえにくいのであれば 残念ながら適性の問題です。 僕は右耳が良くないので2MIXまではやりますが 依頼でのMIXやマスタリングは断ります。 とにかく、クオリティに影響が出るレベルであれば 受けないことも大事だと思います。

1

マスタリングの依頼を受けられるくらいなら、それほど支障は出ていないようにも思えます。 リファレンスと比較しながらの音質調整も限界があると思います。誰か身近に、感じたことをきちんと指摘してくれる協力者がいると心強いかもしれませんね。 でも、「自分でできるのはここまで。これ以降は別の人に」という線引きも必要になるんじゃないですかね。 私もぼちぼち自身の聴力があてならない年齢なので、「多分若い人が聴いたらキンキンうるさい音んだろうな」などと思いながら作業しつつ、たまにサイン波のオシレータで聴力をチェックしてます。二年前は15kHzまでいけたのに...、なんてねw >低周波数、高周波数のノイズ等が聞き取れない 実際のところどのくらいまで聞こえるんですかね。一度、客観的にチェックしてみてはどうでしょうか。

1人がナイス!しています

0

聞こえないということなら耳鼻科行ってください。 言われて聞き直したら聞こえるなら慣れじゃないすかね。 慣れと言うか注意力と言うか。 ノイズが入ってるって常に疑うぐらいの気持ちで聞けばいいんじゃないでしょうか。 曲として聞かないで音として聞いて粗探しする姿勢で。 怪しいと思ったら怪しいところをEQで持ち上げてみるとか。

0

ベートーヴェンは、難聴にかかった。 自殺すら考えるほどだったわ。(ハイリゲンシュタットの遺書) だがベートーヴェンは、そこから這い上がり、あれだけの名曲を残した。