ここから本文です

シンデレラのお話を詳しく教えて頂きたいです>< 原作でも、ディズニーでも!

jcj********さん

2009/4/1218:18:24

シンデレラのお話を詳しく教えて頂きたいです><
原作でも、ディズニーでも!

閲覧数:
6,305
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

luk********さん

2009/4/1220:23:39

昔、あるところにシンデレラという娘がいました。
お母さんを早くに亡くし、その後お父さんは2人の娘を連れた新しいお母さん(継母)と結婚しました。
継母と2人の娘(=姉)は大変意地悪な性格で、家事をすべてシンデレラに押し付け、いじめていました。
その後お父さんも亡くなってしまい、シンデレラは一人ぼっちになってしまいました。

ある日、お城で舞踏会が行われることになりました。シンデレラも「ぜひ行きたい」と思います。
継母は「お前にドレスが用意できたら一緒に連れてってやるよ」と言います。
しかし、シンデレラにはドレスは1枚も持っていませんでした。
そんな様子を見ていた仲良しのネズミや小鳥たちが、一生懸命にドレスを作ってくれました。
舞踏会当日「私も連れてってください」と継母に頼むと、2人の姉たちはシンデレラのドレスを破いてしまいました。
その後3人はお城に出かけていき、シンデレラは途方に暮れてしまいます。

そんなシンデレラの前に、妖精のおばあさんが現れました!
おばあさんはネズミを馬に、かぼちゃを馬車に変え、そしてシンデレラを魔法でドレスアップ!
足もとにはキラキラ光るガラスの靴も。
「いいかい。12時なれば魔法が解けるから、それまでに帰っておいで」とおばあさんは言いました。
そして、シンデレラはお城の舞踏会に出かけていきました。

お城についたシンデレラは、ポツンとたっていると王子様が「なんて美しい人なんだ!ぜひ一緒に踊ってくださいませんか」と、シンデレラに声をかけシンデレラも「ぜひ喜んで」と二人は踊りました。

そうしているうちに12時の鐘が鳴り響きました。
「大変!もう帰らなければ」とシンデレラはお城の出口のほうに走りだしました。
「待って!せめて名前だけでも教えてくださいませんか」と王子様がいいますが、シンデレラの耳には聞こえません。
途中の階段でガラスの靴を片方を落としてしまいますが、そんなことにも気づかず一目散に駆けおりました。

数日後、王子様は一緒に踊ったシンデレラのことが忘れられませんでした。
名前も知らない人。手がかりはガラスの靴のみ。
そこで王様は「ガラスの靴の持ち主を王子の妃にする」とのお知らせを出しました。
お城の従者が一軒一軒、娘のいる家を回り始めました。

そして、シンデレラの家にも従者がやってきました。
継母は「2人の娘のどちらかを妃にさせたい」と思い、シンデレラを屋根裏部屋に鍵をかけて閉じ込めてしまいました。
2人の姉も靴を履いてみましたが、小さすぎて入りません。
ネズミたちの力で部屋を脱出したシンデレラは、「私も履かせてください」と頼みました。
シンデレラの足は、見事ガラスの靴にピッタリでした。
その後、シンデレラは王子の妃となり、幸せに暮らしました。

~グリム童話では、二人の姉の足が靴に入るように1人はつま先を、1人はかかとを継母が切り落としてしまいます。
しかし、ストッキングが血だらけになっているのを従者が見つけ、「この2人は違う」と見破ります。
そしてシンデレラの結婚式の日に、シンデレラと仲良くしていた鳩によって、3人は目玉をくりぬかれてしまいました~

以上が大体のお話です。
参考になりましたでしょうか?
長くなってすみません…

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる