ID非公開

2021/10/21 19:22

55回答

密教は仏教の中のひとつの種類ですか?

宗教 | 日本史62閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/10/21 19:33

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました 最初に回答してくださった方をベストアンサーにします

お礼日時:10/21 20:08

その他の回答(4件)

0

元は、バラモン教の山岳信仰です 仏教化されて、密教=山岳仏教と呼びます 元々バラモン教であるため仏教の中でもかなり毛色が違い、山岳信仰・登拝・登山修行を特色とします 現存する密教は、1)日本の真言宗(真言密教)と2)チベット仏教、この2つしかありません 日本の天台宗や、禅宗、曹洞宗などは、単に真言を唱えているだけです 真言宗(真言密教)の場合、大日如来を釈迦以上の信仰対象とします そのため、全ての仏の前で、大日如来の真言である、「光明真言」を唱えます

密教 みっきょう 仏教の一派で,秘密仏教の意 顕教に対する語。インドのグプタ王朝(4〜6世紀)のときに,仏教が衰勢を挽回しようとしてバラモン教の思想をとり入れて密教をつくった。やがて中国に伝えられ,日本にも入った。空海が804年に入唐して密教を学び,帰国してから真言宗(東密)を伝えた。加持祈禱を行い即身成仏・現世利益を説いたので,藤原氏などの貴族の信仰を得て,その生活にとり入れた。 出典 旺文社日本史事典 三訂版

0

そうです。 「密教」とは、仏教の中から、大乗仏教の流れの中でおこった宗派です。七世紀から八世紀にインドで隆盛期を迎えました。 大乗仏教とは、釈迦の教えに従って悟りをひらき、「広く人々を救済する」という思想の仏教を指します。原始仏教では、出家して修行するのは「自分個人のみの解脱」を求めるのもであったため、それを批判して「大きな乗り物」という意味の言葉をあててつくられた概念です。 日本では、空海が体系化しました。空海の密教は真言密教と呼ばれ、 その教えを教義とする教団を「真言宗」といいます。「真言」とは、真理を表す秘密の言葉という意味です。 日本に仏教が伝わってきた当時は、 宗教としての側面よりも、「学問≓哲学」としての側面の方が強かったです。 僧侶は、「宗教家」と言うよりも、今で言う「学者」「博士」に近い存在でした。 仏教思想が次第に民衆にも広がっていく過程で、 より、「教え」や「悟り」といった「宗教的側面」が重要視されてくるようになりました。 そうした中で登場してきたのが「密教」です。

0

仏教は、あれやこれやいくつもあるものなのでしょうか?仏の教えは唯一つです。

0

そういうことですね。 また密教と修験道が混ざったり、神道色の濃い密教などいろんなバージョンもありました。