日露戦争のときなぜ203高地を占領する必要があったかというと旅順港に停泊するロシア艦隊をせん滅する必要があったからですよね?

日本史102閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございました<(_ _)>

お礼日時:10/23 19:29

その他の回答(4件)

0

回答が出ているから豆知識を 実は203高地を占領した時には 旅順艦隊は使い物にならないくらいやられていた

0

旅順港を含め、最後は占領しました(^^) 危険性については、旅順艦隊が健在だった場合、 連合艦隊は、敵のバルチック艦隊と併せて、 2倍の敵と戦う事になるだけでなく、 北と南から「挟み撃ち」にされる心配があったからですね(>_<)

0

ロシアの戦略は旅順艦隊は日本とではやや不利という認識でしたので、バルチック艦隊と合流して日本艦隊の二倍の戦力で圧倒するという戦略でした。 このため日本軍は旅順港を見下ろす203高地から観測で砲撃して艦隊を殲滅したのです。 また日本軍は艦隊の壊滅後も旅順要塞を攻撃して攻略しています。 これはロシアが「東洋最大の要塞」と宣伝していた旅順を攻略する事で「この戦争は日本は勝つ」という政治的効果を狙ったものです。 実際に旅順港攻略後の日本の国債はそれ以前よりも利率が低かったのに完売しています。

0

だから旅順が欲しかったの日本は でも旅順港に軍艦が停泊してて これらから砲撃くらったら 兵士に大ダメージくるから 軍艦を排除したかったの