ID非公開

2021/10/23 15:05

77回答

日本ブランドのクロスバイクやロードバイクの世界シェアが高くない理由は何ですか

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

カーボン繊維は日本がいちばん。ただし、 日本では、競技自転車というニッチな民間用の製品よりも、 高単価な産業分野の製品や技術に企業は注力していたのです。 いまは本場の欧米ブランドは設計や販売網や宣伝に力をいれ、 製造は中華、台湾に任せています。 いまからだと、コネクションもないし、 よほどじゃないと海外に大幅な売り込みは難しいでしょう。 ただ、産業分野や他のスポーツ用品からの参入については、 製品良さはあるから、売り方しだいです。 YONEX、GOKISOなどは海外で戦える製品ですし、 やる気があればBRIDGESTONEも攻めていけると思います。

0

80年代からの円高もありますが一番は営業部隊がまともに海外に売りにいかなかったから。逆に台湾と中国に技術指導に行って安い自転車を輸入した方が旨味があると考えていたぐらいです。 あとロードバイクに限って言えば国内ですら日本製のシェアは高くないはずです。舶来品を礼賛するきらいがありますから。現にグラファイトデザインは自転車事業撤退しています。

0

1980年代までは国内の需要で企業の収益が成り立っていたので、海外市場に目を向けていなかったからです。 そのかわり、ギア(シマノ)やチタンベアリング(SMT)などの高性能部品は日本企業の独壇場になっています。