ID非公開

2021/10/23 16:53

44回答

祖父が亡くなりましたが、祖母はまだ存命です。

役所、手続き | 不動産98閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくご回答いただきありがとうございました。 回答頂きました皆さまのご親切な対応にとても感謝するとともに、ベストアンサーは決めかねましたが、私の中で1番すっと理解ができたこちらの方をベストアンサーとさせていただきます。 ご回答頂きました皆さま、お忙しいところ親切にありがとうございます。

お礼日時:10/25 21:18

その他の回答(3件)

0

亡くなった人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本が必要な理由は亡くなった人の相続人を調査して相続人を確定するためです。 生まれてから亡くなるまでの間、いつ身分事項(婚姻・離婚・養子縁組など)に変動があったかは、出生から死亡までのすべての連続した戸籍謄本を集めて調査しないと証明できないからです。 そこで、法定相続人の調査・確定をするために、死亡した人の死亡時の戸籍謄本だけでなく、出生にさかのぼって改製原戸籍謄本、除籍謄本を取り寄せる必要があるのです。

0

相続人を確定するためには、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍が必要になります。亡くなった方にどのような相続人(配偶者や子など)がいるかを証明する必要があるからです。 これは銀行などからは必ず提出が求められる書類なので、集めておいた方が良いでしょう。 出生から死亡まで全ての戸籍が同じ本籍地とは限らないので、複数の市町村で手続きが必要になる場合が多いです。