株や外国為替や商品先物などの市場で、価格やレートの差を狙って、利益をあげようとする、「投機」と呼ばれるトレードは、ギャンブルなんでしょうか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました

お礼日時:10/28 19:40

その他の回答(2件)

0

↓師匠もアービトラージの事を回答されてますが。。 >「投機」 というのが裁定取引の間違いなのかそうではないのか よくわかりません。 裁定取引であるなら、それはそういう手法があり、硬い手法です。 鞘どりと言ってギャンブルではありません。 私も分売などによくしています。 (厳密には裁定ではありませんがさや取りには違いありません) 投機というのがそのままならギャンブル論争には興味ないのでパスです ~はるうらら~

0

>価格やレートの差を狙って、利益をあげようとする、「投機」と呼ばれるトレード・・・ このトレードは裁定取引(アービトラージ)と呼ばれ、投機ではありません。 かなり確実な手法で、90%以上の確率で利益を狙う手法です。 まれに「親子の泣き別れ」が生じ、損失を生じることもありますが ほとんどの場合、利益率は低くても利益の確率が高い手法です。 ただ、資金効率が悪いので、大口投資家や高速コンピュータの持ち主に限定されます。