ID非公開

2021/10/24 21:09

44回答

至急です!

補足

あ、犬についてはどうでもいいんです。ゴメンなさい。 『魂だとか死後の世界だとかゆう考えはキリスト教には無いのか?』という質問です。ゴメンなさい。 ただ新約聖書[ヨハネの黙示録]とか知らんので勉強になります。ゴメンなさい。

宗教 | 葬儀167閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま回答ありがとうございましたm(_ _)mペコリ

お礼日時:2021/11/30 14:57

その他の回答(3件)

2

犬のような輩どもは下記のようになりますが。。。 ~新約聖書~ [ヨハネの黙示録 22:15] 犬ども、魔術を行う者、淫らな行いをする者、人を殺す者、偶像を拝む者、 全て偽りを好み、また行う者は、都の外に置かれる。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/24 22:12

回答ありがとうございます。 調べたら同じ知恵袋で 「聖書の中にはイヌに対して様々な表現があり特にイヌは悪しき者・物のたとえとされ、悪しき者は当然天国には召されませんよ、と言う教えからでもあると思います。そして、悪そのものはイヌから生じたとも記載されています。 違うベクトルからイヌなどに係る記載を読みますとペットや動物、美しい花、大地の景色全ては人間が生きて行くため、愛でるため神様からの産物なのですよ、とも取れる箇所が聖書の長きに渡って記載されています。」 「犬ども は犬じゃなくて、人間です。 当時、神様に選ばれた御民に属さない人々を「犬ども」と蔑称していた時代があり、~(ry」 とありました。 勉強になりましたありがとうございましたm(_ _)m

3

天国でペットに会えるでしょう。

3人がナイス!しています

2

最後の審判、という考えがありますね。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/24 22:20

調べたら 『罪の赦しをいただいた者は天国に入ることができます。罪の赦しを受けなかった者には天国の門は開かれません。15節でイエス様は、聖なる都に入れない「犬ども」に言及しています。ユダヤ人は神様に選ばれた御民に属さない他国民を「犬ども」と蔑称する場合がありました。それと同じ意味でこの言葉は用いられていると思われます。洗礼を受けイエス様を信じている人の集まりである「神の御民」から外れている者たちは新世界の中に入ることができません。彼らは悪魔と同じ末路を辿ります。』 とありました。 コレですね。 ありがとうございます!