生活保護受給者を訴える場合。 財産開示手続きが強化されたと記事で読みました。 これによって、持っている分のお金は回収できるようになったと考えて良いのでしょうか?

法律相談 | 福祉、介護95閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ありがとうございました。 やはり生活保護者には、刑事告訴しかないのですね。

お礼日時:10/26 22:07

その他の回答(2件)

0

建前上は,年金及び生活保護費自体を差し押さえる事は出来ません(生活保護法58条)。 ただし実際は,(たとえ生活保護受給者であっても),債権者は,生活保護受給者の預貯金口座の預貯金を,全額差し押さえられることが可能となります。 なぜなら、生活保護受給者の預金口座に,年金や生活保護費以外のお金も入っている場合、 ”年金や生活保護費と,それ以外の財産とを区別することができなくなってしまう”からであり(最高裁平成10年2月10日判決), そうなると,生活保護受給者の預金口座にある金額が,全額差押えが可能となるからです。 もっとも,質問者さんが債務名義を持っており,かつ,債務者の銀行口座に預貯金があることを知らなければ, 債権差押命令申立をしても意味がありません。申立て自体却下されます。