デジカメがないころはカメラのフィルムをお店に持っていって現像してもらってましたよね お店の人は写真が見れますし、名前もわかったりしますし

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

基本写真は見ますが、 色味や明るさを見ているだけです。 色んなお客様がいるのに いちいち写真をじっくり見てては仕事にはなりません。 お客様によっては、うまく写真が撮れてるか話をしたい人もいます。 そういう方は、接客する際お話をするので、写真を見ますが、他の方は、基本色味や明るさを見ているだけです。 お客様がどのような写真を中心に撮っているのかは、何度も来ていただけるお客様は、自然に覚えていくとは思いますが、接客と言うお仕事をしているとご理解いただければと思います。

0

確かに でもそれは 今でいう個人情報の知りえて其れを悪用的な事は 当然ながら してはいけない行為だとおもいます 私も在りますが 子供の入浴写真 昔はお願いしましたよ ですが みて見ぬふりではないですか きちんと現像 プリントしてはくれましが ただし内容に依っては 現像をお断りしますと何処かに書いてあったようにも思いますが

0

自分で現像しプリントすれば良いのです。 そのための器具や薬品を販売されていました。 また設備が設置してあり自分で作業できる店(場所)もありました。

0

駄々洩れで困るような写真は撮りませんでしたし、公序良俗に反する写真はプリントしてくれませんでした。それが当たり前の時代ですし、写真屋さんも信用商売、守秘義務もありました。 私の行き付けの店は、社長や店員さんが画像を確認して明るさ色味を調整してくれていました。オートでできるようになってからもです。 そこ以外は緊急時にしか出しませんでしたが、その時にはよくあるM味の強い写真等に辟易としたものです。

0

昔は今みたいに、個人情報だの肖像権だのとうるさい時代じゃなかったですからね。そんなこと気にもしないで皆、写真屋さんに出してました。 私は自分で現像しますけど、お店に出す場合でも気にしません。写真屋も職業人ですから、誰が何を撮っていようとスルーでしょう。 個人情報は大切ですが、ちょっと独り歩きし過ぎに感じます。 郵便配達員にも、この家には裁判所から通知がきたとか、同窓会の通知で出身校が判ったりするし、気にし過ぎると郵便物だって自宅で受け取れなくなっちゃいます。