ID非公開

2021/10/27 10:30

33回答

ふるさと納税の控除限度額の計算についての質問です。

税金205閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/10/27 13:18

回答ありがとうございます。 おそらく私の場合、所得控除をすると、総合課税の方では所得が0という計算になり住民税が発生しないと思われます。 つまり分離課税の方である課税譲渡所得による住民税さえ計算できれば良いと考えているのですが、 その課税譲渡所得の所得を計算する際に、 総合課税で使いきれなかった(余った)所得控除(生命保険料控除や医療費控除など・・・)は、課税譲渡所得から引くことはできるのでしょか?(その際には寄付金控除は入らないということ?) 自分の中で住民税と所得税等の違いがごっちゃになってしまっているので、他の方の回答や自分の質問内容等と重複する点が多々あったりして申し訳ないのですが、教えて頂けると幸いです。

その他の回答(2件)

0

ふるさと納税は、所得税の税控除と、住民税の税控除の二つから構成されますが、所得税の税控除は寄付金控除そのものです。 住民税の税控除は所得をベースに計算されますが、住民税の控除に寄付金控除がないので、いくらふるさと納税をしても住民税はかわりません。 というわけで、限度額計算をする際にふるさと納税額を気にする必要はありません。 (ただし、ワンストップ申告の場合は所得税の分も住民税から控除されます)

0

ふるさと納税をする場合、 確定申告する場合は、 所得税からの所得控除 と 住民税からの寄付金基本控除(税額控除)10% 住民税からの寄付金特例控除(税額控除) から成り立ちます。 それで、住民税からの寄付金特例控除(税額控除)が 一番最初に限度額がきます。 この限度額は、 住民税上の 住民税所得割の20% です。 住民税所得割は、 住民税上の 所得 ー 住民税上の所得控除 から計算されるわけです ふるさと納税は、所得税では所得控除ですけど 住民税では税額控除のため 寄付額が 住民税上の所得控除には反映せず 住民税所得割にも影響をあたえません。 そのため、限度額計算には 関係ないので、 複雑に考える必要はないです

ID非公開

質問者2021/10/27 12:25

回答ありがとうございます。 つまり、住民税に関しては税額控除で所得税に関しては所得控除であり、ふるさと納税をすることにより寄付金控除の項目の所得控除が発生し、結果的に所得が下がるので所得税にも影響が出ると考えればよいのでしょうか? すみません、もう一つ質問があるのですが、 今年は土地の売却による長期譲渡所得があり、 分離課税の方の所得も計算し、 住民税の計算をしなければならないと思うのですが、 確定申告上における所得控除の合計が総合課税での所得を上回っているため、 分離課税の譲渡所得からも残った所得控除を引けると思うのですが、 その際はふるさと納税による寄付金控除の扱いはどうなるのでしょうか? 分離課税の方でも、住民税の分は寄付金控除はないのでしょうか? 質問内容が自分でもだんだんと分からなくなってきてしまいましたが、もし質問内容が理解できたら回答していただけるとありがたいです。