鳥とか猫はぼーっと生きているように見えるのに、なぜ自分は理性的に考えたり、 頑張らないといけないのかなと考えます。 偏見かもしれませんが、 この考えから抜け出せる、

動物57閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんご回答ありがとうございました。 m(_ _)m

お礼日時:10/27 21:56

その他の回答(3件)

0

人は野性動物より求める生活水準が高いからじゃないでしょうか。 動物のように最低限雨風の当たらない場所で食事と生殖活動を行うことだけだけを求める生活であれば鳥や猫と同じように過ごすだけでやっていけると思います。

0

動物は生きていく為、種を残す事に一応頑張ってます。 人は会話が出来るので、そこから単純では無いルールが出来て縛られてると思います。でも悪い事ではありません。ルールがあるから勉強して仕事もしないといけないですが、本能のままいきなり食べ物を横取りされたり本能のままレイプする事から守られています(一部本能剥き出しの犯罪者はいますが) 一生懸命と言う言葉がありますが、一生懸命に生きるのはしんどいです。 一所懸命、頑張らねばならない時に踏ん張って、そうで無い時は気楽にしててもいいと思います。

0

求めてる回答かどうかはわかりませんが。 野生の鳥や猫は、生きていくために食事を探し、天敵から逃れる為に、実に一生懸命ですよ。例えばスズメは10羽生まれれば、来年まで生き残れるのは1羽か2羽です。仲には生き残るのが上手くて、10年以上生きる個体も居ますが、稀です。実は彼等は全然ぼーっとしていません。必死です。なにせうかうかしていたら餓死するか、天敵にやられます。ぼーっとしている個体は長生きできません。 もしも彼らがぼーっとしているように見えるなら、それは人間に飼育されている個体ではないですか。飼われている猫や鳥は、最低限の餌が確保されており、天敵から襲われるということが無い為に、それこそぼーっとしているようにみえるかもしれません。 例えば動物園で飼われている動物は野生とは全然違う寝方をしていたりしますが、それだって安全だからです。 もしもあなたがぼーっと過ごしても大丈夫だ、という環境を手にいれたければ、誰かに養ってもらうか、お金をたくさん用意して、自分で稼がなくてもよい立場であればそれも可能でしょう。 でも、考え方によっては、今は昔の人間のように、狩猟にいかなくてもお金さえあれば食事も買えるし、余暇だって手にはいるわけです。その分昔に比べれば余裕もあるし、ぼーっとしやすいと思います。その代わりに周りの人間との付き合いだとか、煩わしいことがあるわけですが。 ただね、どこの国でも日本人みたいにどこまでも真面目だというわけでもないので、何々をしなくてはならない、というのは、もう少しいい加減でもいい気はします。頑張らなくてもなんとかなる、なんとなくで良ければ生きていけるかも、なくらいの緩さはあって良い気はします。 日本人は真面目なので、しかも周りに同質化を求めるので、息苦しいことはありますよね。