霊の肯定派は病気になっても病院へ行かずに 神社や霊媒師のところへ行き 体調が悪化することもあるものですか?

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

あり得るとは思いますが、そういった例は非常に少ないでしょうね。 一般的には医者に掛かったが原因が分からないという過程を経たのち、神職者や霊能力者のもとに足を運ぶのではないでしょうか。 別に心霊肯定派は病気の存在をすべて霊の仕業にしているわけではないでしょうから。

3

霊の肯定派ですが、病気になったら病院に行きます。 病気になったら神社や霊媒師のところに行くのは、霊が見えない、霊の否定派ではないでしょうか? 霊が見える人は、神社や霊媒師のところに行っても無駄なことが見えるので、行きません。 初詣に神社にご利益信仰をする人は、霊の否定派の方が多いと思います。 霊が見える人は、神と言う、霊と対話をしているので、神社に祈願をするような見えない世界にすがることはしません。 ☆ 僕は、難病で苦しむ中、一流の病院である東京女子医大に通院しています。 治療法が無く、現実に絶望したため、スピリチュアルな精神修行の道に入りました。 その結果、キリストや観音の様な神と言う霊である、多くのマスターから、多くの修行を受けました。 修行としては、多くの霊視をこなし、数百の怨霊や妖怪を、除霊して、天に送りました。 その結果、病院で治療法が無かった複数の難病が完治するという奇跡を体験しました。

3人がナイス!しています

1

昭和時代だったと思いますが、親がエホバの商人という宗教の信者で子どもが交通事故で生死のさかいにいても輸血を拒み、その子どもが死亡した事件を思い出しました。 主さんの問いかけに答えるなら、YESという事ですね。

1人がナイス!しています