リールの強度について教えてください。これまでほぼスピニングを使って来ましたが、ベイトにも興味がありイロイロ見ています。

釣り | アウトドア177閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

NEW! この回答はいかがでしたか? リアクションしてみよう

その他の回答(5件)

通常スピニングよりベイトの方がドラグ値が高い機種が多いものなのですが、2.5号で12~15キロって使用条件が有り得ないですよね。 一昔前だと、よくHow to本に標準のドラグ設定3キロなんて書かれていましたが、実際はたった3キロでも、経験の無い者だとかなりしんどい数値です。 通常の釣りの範囲なら、手で引っ張って滑る程度に調節して、あとは竿の角度によるプレッシャー(これ重要)、魚を止めるならハンドドラグで十分です。 これで多分2キロも出ません。緩くても、キツくても竿の弾性を生かせませんから。 リールとラインが一直線になる「伸される」状況を避けるのがドラグの役割の一つのですので、強ければ良いというものではないのです。 釣糸の強度が解らなければ家具など動かないものに釣糸結んで、軍手して引っ張ってどのくらいの力で切れるか経験してみて下さい。 15キロなんて、ドラグ値はロウニンアジと綱引きする様な異常な値ですよ(笑) 普通の道具、人間の体力だと耐えられません。 大昔のリールだと、ドラグを実性能以上に絞めると、ロックしたり、ギクシャクした滑り出しになったりしていたので、高数値=高負荷でもスムーズな滑り出しって判断がありましたが、現代のリールはどれも高性能、最大ドラグ値は参考程度です。

質問意図からズレてるかもしれませんが、以下と考えます。 極限の釣り(黒鮪、マーリン、巨大グルーパー)以外はリール強度は意識しなくて良いです。 普通に皆んな使ってるリールで問題無く釣りできます。 ドラグも10キロなんて、大型カンパチジギングレベルで、初期設定してる人は少数のエキスパートですよ。 鰤レベル迄なら5キロで使えるリールで対応出来ますよ。

ちなみに、ドラグ13キロとは、2リットルペットボトル6本入り一箱を吊るして糸が出ない状態です。 竿先に箱結んで、地面と平行にキープ出来たら怪力です! 実釣では危なくて私は怖いっす。

ベイトでも大きめのリールならTATULA TW 300/400みたいなのは最大ドラグ力が13ありますよ。

ハンドルの回転方向と 巻き取りが同じ ベイトリールの方が 当然巻き取り力は有ります スピニングの方が 面積も大きく取れるためか ドラグが良いと言われますね

スプール軸を片方で支えてるのと両方だど両方の方がしっかりしてますよね。 強度や耐久性は、軸を両方から支えてるので、しっかりしますね。形状と仕組みを見ればわかりますが…