ガイガーカウンターって数千円から数十万のものまでありますけど、放射線を測るだけなのにどんな違いがあるのですか?

原子力災害46閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:2021/11/18 7:09

その他の回答(2件)

2

・精度。 ・校正や検定の費用。 これが一番大きい、通常は検定「公的機関の定期検査」を受けるので その費用です。

2人がナイス!しています

0

おそらく新規に金型を作り少量を生産すればコストが高くなるので 原価は高くなると思いますし 希望する利益を1個あたりに大きく転嫁すれば販売価格は高くなります 逆に以前から使用している金型を使用し大量生産すればコストは低くなり 原価は低くなると思います 希望する利益を1個あたりに少しずつ転嫁すれば販売価格は低くなります 使用している電子部品の品質によっても原価の差は出ると思います その場合は耐久性にも影響が出るでしょう ガイガーカウンターは構造的には簡易なものですから 部品自体はそれほど高くはないと思います 最初2000年前後に購入したガイガーカウンターは3万円程度でした (RADEX・RD1503) 福島第一原発事故以降は様々なメーカーの品が輸入され 需要の増加によって一時は高騰していましたが 輸入過多によってその後は下落し おそらく現在の価格は落ち着いていると思います 現在はRADEX・RD1503とRD1706の2種合わせて5台所有しています (1人1台の体制を維持するためです) 個人の見解による回答です