芥川賞と直木賞が日本文学会の最高賞と言う訳ではないのでしょうか? これらよりも権威が高かったり、賞金額が高い賞って有るんでしょうか?

文学、古典 | 読書479閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

2

日本文学〈界〉でもっとも格が高い賞は、 読売文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞 でしょう。

2人がナイス!しています

1

まあ、競馬のダービーというか、3歳クラシックが頂点なのだというような考え方をするなら、芥川賞や直木賞が最高賞といってもいいのかも知れませんね。

1人がナイス!しています

1

思うに私には回答するのは無理だ。 文学会、の会がおかしい。文学界でも同名雑誌あるのでおかしい。 日本の文学世界における最高に権威のある賞、だろうが、ややおかしい、か。 みな横並びだからだ。自分がいただいてうれしいのは飛鳥川賞だ。青地賞は玄人でないといかん。 最高賞もおかしい。ボートレースみたいだ。 権威が高い、も判定がむずい。権威は学問のことだろう。学問世界は権力とお金が絡む。 文学は野生だ。野に下らないと文学にはかかわれまい。 平原を断崖のように歩かねばならぬ。 石段をいばらの道として歩かねばならぬ。 そもそも文学と権威は相いれまい。 賞金額が高いのはある。 自分にはとてもややこしいので、ほかの先生方のを読んでみよう。 失礼した。

1人がナイス!しています

0

賞金額だと このミステリーがすごい大賞(宝島社)新人公募 1200万円 江戸川乱歩賞(推理作家協会)新人公募 1000万円 直木賞は100万円です 影響力というか 売れる賞だと 本屋大賞100万円 次に直木賞かな

4

自他ともに認める日本文学の最高賞は読売文学賞です。 大岡昇平 『野火』 三島由紀夫 『金閣寺』 安部公房 『砂の女』 島尾敏雄 『死の棘』 大江健三郎 『「雨の木」を聴く女たち』

4人がナイス!しています