回答(5件)

0

敬語の文法としては合ってますが、物凄く高飛車な言い方です。 敬語でない言葉にすると「貴方のフルネームと連絡先を訊ねる」ですから、まるで警察官の職務質問です。 「お客様のフルネームとご連絡先をお伺いいたしたいのですが?」 「お客様のフルネームとご連絡先をお教え願えませんか?」 「お客様のフルネームとご連絡先をお教えくださいませんか?」 などと疑問形を使うと判断をお客さんに委ねているので柔らかくなります。

0

「お伺い」ではなく「お教え願います」の 方が私は感じが良いと思います。

0

合っていますよ。 ただし、敬語のバランスがとれていません。 >お客様のフルネームとご連絡先をお伺い致します。 ↑ 「お客様の」は、「フルネーム」と「連絡先」にかかります。 「お客様の」と「ご連絡先」の「ご」とは意味が重複しますので、 ○「お客様のフルネームと連絡先をお伺い致します。」 が自然な表現です。

0

それを誰に言うの? それによってふさわしさが異なります。 客に向かって言うの?それとも、上司が誰かに自分の役割を伝えるの? あと、どういう意図でその言葉を発するのですか。 言葉の運用においては、一つの事柄でも、話す相手や場面によってふさわしさが異なります。 先のかたは、「客に」「名前を教えてもらう目的」でその言葉を発すると決めてかかっていますが、上に書いたように、そのほかの場面も想定できます。 物事は、正確に、厳密に考えたほうがいい。

0

日本語教師です。 その表現で問題ありません。 「お名前様を頂戴できますか」は誤りです。