回答受付が終了しました

読書をするとお金持ちになれると言われる理由を教えてください!

読書 | 本、雑誌181閲覧

回答(10件)

1

読書をするとお金持ちになれる、ですか? 読書だけでお金持ちにはなれませんよ。 もしそう言われてるんだったら、それは嘘ですね。 正しくは、お金持ちになりたいのなら読書しなさい、だと思いますが。 お金持ちになるには、読書以外にもいろいろやらなきゃいけないことがある。 読書はその中のひとつってだけです。

1人がナイス!しています

0

読書をするのは良いですが、本にもよりますよね。 小さい頃に偉人伝を見るのは精神面での健全なる 育成という観点からは良いかもしれませんが 良い大人になって村上●樹とかを読んでもね~(笑) まあ、趣味としては良いけど仕事や稼ぎには関係 ないと個人的には思いますね。人まねして金持ち になれるなら日本は金持ちばかりになりますよね。

0

簡潔な答えは、広告ですよ。 これを読めば金持ちになれる。読書をすれば金持ちになれる。金持ちににりたければ読書をしろ。そうなのか。金持ちになりたいから読書しよう。 さて、これで金持ちになるのは誰か?確実なのは、本が売れる。誰が金持ちになるか? ところで、経済学を読書するとお金持ちになれるから、経済学部に進学しよう。 これ。まったく違うとわかる。みんな大学生は。 つまり、学問としての経済学は、個人が金持ちになる方法を教えるものではなく、とくに、資本主義経済がどのような仕組みであり、その分野になにがあって、過去から現在へどのように推移してきたのか?そもそも資本主義経済はいつどこで始まったのか?資本主義経済とはなにか?資本主義以前の経済はあっただろうが、経済学はあったのか? あー、こんなもん、ベンキョーしても金持ちになれるわけがない、と。 つまり、人類社会には政治とは文化とか、その過去から現在への推移したがって歴史とか、心理学とか個人の心理とか、文学とかいろいろある。 そのなかで経済の、とくに、資本主義段階の経済の学問、経済学について読書する、と。 なぜ? 経済のしくみが個人の人間へどのような問題を引き起こすか?また、個人の人間が経済のしくみへどのような影響を及ぼせるか?個人の集まりである集団、団体、運動団体などが資本主義経済をどのように変革していけるか? それは、もはや経済学を超える学問領域になるが、経済学は、歴史的な学問だし、資本主義経済そのものが歴史的に変革してきている。それは、なぜか?経済学といっても、資本主義経済そのものを変革する原動力が内在的に存在し、その力が資本主義経済そのものを歴史的に変革してきたし、現在も、しているのではないか? それで自分はお金持ちになるか? 否。 そうではなく、経済のシステムそのものを変革してきた歴史、その原動力などは経済社会の変革で、個人のカネ儲けのストーリーではない、と。

0

理由はないでしょうね その言説自体が、 「金持ちに読書家が多い」という事実を、 「読書家に金持ちが多い」と逆転させたことから生まれた、妄想・捏造の類いなので