質量のほとんどはヒッグス粒子とは関係ないのですか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

> 慣性質量が生じる仕組みはヒッグス機構が唱えられていますが、 > 重力質量には旨くあてはまりません。 誰がそんなことを言っているのでしょうか? 慣性質量=重力質量です。もちろん、両方ともヒッグス機構が適用されるに決まっています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まだまだよくわからない事があるのですね みなさま、 色々ご説明ありがとうございます

お礼日時:2021/11/27 23:58

その他の回答(4件)

0

質量の決め方には2通りあります。 重力質量 ⇒ 重力をもとにして決める 慣性質量 ⇒ 速度の変えにくさで決める 重力質量は重力場でしか測定できないのに対して、 慣性質量は重力場以外でも測定出来ます。 慣性質量が生じる仕組みはヒッグス機構が唱えられていますが、 重力質量には旨くあてはまりません。 重力質量発生のしくみは 重力子交換によるものであろうと考えられています。 つまり、最新のゲージ理論では、 慣性質量はヒッグス粒子(ヒッグス場)、 重力は重力子という、 全く別の原因・要素としています。 追加: 質量を与えているのは「ヒッグス粒子」というよりも、 「ヒッグス場」であると表現するのが正確です。

0

うん、質量とヒッグス粒子は無関係です。 https://www2.kek.jp/kids/class/particle/class01-10.html 素粒子に質量を与えるのは、ヒッグス場、です。 ヒッグス場からヒッグス粒子が生じるので、ヒッグス場が存在することの証明として、ヒッグス粒子を検出することが試みられて、多分3種類のヒッグス粒子のうち1種類を確認しましたけどね。

0

ヒッグス粒子が全ての質量の元です。 最初は粒子のようなものだと考えられていたけど、実際は粒子ではないので「ヒッグス場」と呼ぶ方が多い。