外車はよく壊れやすいとききますが10年落ちのプリウスと新車のBMWどちらが故障が多いですか?

新車 | 中古車721閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(11件)

1

「どちらが壊れやすいか」よりも「壊れた時にどちらが早く直るか」を考えた方がいいのではないでしょうか。 国産車と外国車を比べると故障後に早く直るのは基本的に日本車です。 私は昔、某自動車メーカーの部品製造会社で自動車部品を製造していた関係で知っているのですが、外国車で故障した個所の修理用部品が国内に在庫があれば修理が早いですが、在庫が無かったら海外のメーカーから部品を送ってもらう事になるので修理にかなりの日数がかかってしまう事になってしまいます。 その点、国産車は日本国内に部品の製造工場があり、図面も保管されているのですぐに作ってもらえます。

1人がナイス!しています

1

外車が壊れ出すのは、最近の外車は壊れにくくなっていますが、だいたい10年目前後から、あちこち具合が悪くなり出します。

1人がナイス!しています

0

10年使用車と新車を比べたら、10年使用車の方が故障が多かったに違いありません。 これで、10年プリウスだといったら、10年間で故障もなく、今後も色あせずに品質を保持していくものと思われてしまいます。 というか、それくらいプリウスが優秀だと思い込んでいる、またそう言いたい。としか思えません。 別に新車どうしで比較してプリウスが良いと言えばいいでしょう。 10年経ってもまだ勝てるなんて、思い上がりも甚だしいです。 そうであったとしても、メーカーは保証もなにもしないです。長く乗ってくれてありがとう。とも言わない。政府も13年越え車は重加算税にしています。 新車のBMWは手厚い保証があります。故障するなら当然だろと思う人もいますので、こういうのホントに好き嫌いの問題なだけです。

0

10年落ちのプリウスでしょうね。 BMW320i、新車から7年乗ってますが一切故障しないですよ。 実際買ったことない、所有したことない外車アンチの意見は 「外車は故障しやすい」と言うのが多いですが、 故障無いですね、全く。 10年落ちのプリウスだと、まともに乗っている物であれば そろそろ電池充電圧低下によるシステム異常が出る頃ですね。 (これはほんとに個体差があるので、一概には言えませんが)