確定申告、ふるさと納税についてです。

補足

訂正 2万+1万×2 → 2万+1万

税金 | 資産運用、投資信託、NISA91閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

・①NISAと➁「iDeCo」を勘違いしていませんか。 ➁は節税商品ですが、①は非課税商品ですよ。これは売却益が非課税です。 ・特定口座源泉徴収有り口座はおっしゃる通りですが、損失となった場合は、一般的には確定申告をします。 ・折角ですが、ふるさと納税(寄附金)は節税の制度ではありません。翌年度の住民税の一部を寄付金として他の自治体に前払いする制度です。制度上の寄附金上限内であれば、寄附金の30%以下までの商品が返礼品として貰えるので、それがメリットにはなります。 つまり、3万円寄付すれば9千円の物品が貰えるので、自己負担金が2千円 掛かっても7千円得するという事です。 しかし、寄附金を分散するとワンストップ特例の申請で手間が増えます。 ・ふるさと納税は、ワンストップ特例を申請しても、確定申告をすると自動的に無効になる制度です。事前に確定申告することが分っている場合は、ワンストップ特例の申請は意味がありません。 参考まで。

NISAは節税のためでなく、単に貯金のような感覚でやってます。銀行に入れても増えることはないで、、、 節税の感覚なのはふるさと納税の方で、ある程度上記の説明で理解できました。 ただ、実質負担2千円の部分で一点質問なのですが 例えば3万円円寄付すると、9千円分の物品が貰え翌年の住民税から2万8千円分が引かれるという認識で間違いないでしょうか。