回答受付が終了しました

アパートのエアコンなんですが 暖房を24度で使用しています。 そうすると室外機の下の排水溝から水漏れがありホースに繋がっているのにホースに流れずぽたぽた垂れています。

エアコン、空調家電 | 賃貸物件183閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(10件)

0

暖房時は室外機の熱交換器が結露するので、水が出ます。 ホースは室内機と室外機両方必要ですよ。

画像
0

お困りの様子、心中お察し申し上げます。エアコンの暖房運転においては、室外機の熱交換器が冷たい風の送風により、霜が付きます。その霜を暖め、溶かす運転を除霜運転=デフロスト運転と云い、室内機から温風が出る運転をしばらく停止いたします。質問者のケースでは、溶けた霜が室外機から落下しています。冷暖房が出来るエアコンの室外機の下には、溶けた霜をドレインパンで受け、ホースで排水するように設置されているはずです。可能性としては、ドレインパンが埃だらけで溶けた霜が溢れているか、あるいは、ドレインパンと排水ホースの経路が詰まっていると考えられます。室外機の下から見て、ドレインパン=受け皿が設置されていますか??設置されているならば、室内機の内部は見えないはずです。最終的には、管理会社にご相談下さい。以上、失礼いたしました

1

冷房時は室内機に霜(露(つゆ)が付き結露粋を集めてドレンから屋外に逃がしていますね。暖房時にその逆に室外機に霜が付き時々除霜運転をしますので、その時に霜が解けて水になり室外機の底の部分から滴り落ちてくるので、機能的には正常なのですが下に洗濯物などが干せない弊害も有ります。ただ上位機種には室外機の穴に取り付けるカプラーが付属していて、そこからもドレンホースを取り付けるものも有りますが、寒冷地では暖房時のドレンホースが凍結する弊害も有りますので、一概には言えませんね。また賃貸住宅に取り付けるエアコンの多くはスタンダードモデルですので、取り付け可能な地域でも別売の付属品を買いドレン工事をしなければなりませんので、大家さんは余分な出費を嫌がるでしょうね。 いずれにしましてもアパートの備品なら、管理会社や大家さんに相談するしかないと思いますよ。 by元電気屋です

1人がナイス!しています

0

暖房運転では室外機に霜が付くので自動で溶かした水滴が下に落ちます アパートなら自分で対策するのではなく管理人や大家さんに連絡しましょう、対策してもらえますよ

1

電気屋です。 下の回答は全て的外れです。 暖房と冷房は水が出てくる場所が違います。 なぜなら冷房と暖房で結露する場所が違うから。 冷房は室内機が結露します。室内機が結露したら室内機から水が出ます。 暖房は室外機が結露します。室外機が結露したら室外機から水が出ます。 なので夏と冬では水が出る場所が違います。 解決策を書きます。 添付画像の部品を室外機の底に付けてそこからドレンホースを設置して任意の場所まで設置する、ことです。 「なんのこっちゃ?」と思われたら私の文章をコピーなりして電気屋の店員に見せてみてください。すぐに理解してくれます。 値段はまちまちですけど、私なら出張費と部品代と設置費用で5000円は貰います。

画像

1人がナイス!しています