ID非公開

2021/11/22 9:24

88回答

もうそろそろ神でも宇宙人でも、とにかく人知を超越した存在が登場して 愚かで傲慢な人類を矯正しないと、地球を汚しきって絶滅すると思いませんか。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

勤勉な方ですね。。

お礼日時:2021/11/29 12:41

その他の回答(7件)

0

水面下から音頭をとり 自ら気づくよう 土着的にわからせるのが 高度知性の手法という可能性はある

1

実際現在進行形で人類への裁きは行われていると思います。 社会主義中国やロシアが西側諸国を打ちまかしてますが、これも裁きだとある意味解釈できますし、岸田政権が移民をせざるをえなくなったのも日本人への裁きとも解釈できます。 どちらかと言うと因果応報のほうが近いかもしれませんが。 聖書は「信じない人はすでに裁かれている」と教え、 仏教では「因果応報(結果には必ず原因がある)」と教えてます。

1人がナイス!しています

0

今、カルマの精算としてやってますよ。 地球上で生み出されるものを奪い合うから貧富の差が生まれる。 分かち合うなら飢える者はいない。 アメリカンドリームで他人のものを奪ってでも幸せになりたい者は宇宙との調和が取れていないので滅びます。 これがカルマの精算の基準。 これが終われば心も物質的にも綺麗な地球になります。 信じる必要はありませんが自分を救えるのは自分しかいない。 霊的次元はほぼ終わったので来年から地球の精算になります。

1

痛く同感。偉大な指導者、カリスマ的な人物=大政治家兼哲学者&宗教家&思想家などの総合的に備えた偉人の出現待望論は、全人類の共有するところ、だが、ここに大きな落とし穴、罠、騙しの発生する危うさもあることを要注意すべきモノ。人々の不満や、困窮、悩みになどカオス状態につけ込む、悪魔的人物が、登場するのが古今東西のパターンだから。政治家と詐欺師など、紙一重、邪悪な宗教家も然り、過去の例にみれば歴然、ヒットラー、スターリン、毛沢東(評価は毀誉褒貶)ポルポト(カンボジア)、金正恩などなど独裁者、小物のケースでオウムの麻原、現在進行形の欧米白人自由主義社会から見れば黄禍論的(?)注視人物の中国の習近平、悪しき危険思想は、人々の不安絶望感の心理の狭間弱みに忍び込んでくるもの、それが矛盾性大な、お花畑の妄想の主張、理想倒れの悲劇を生む(人権無視、人間の尊厳&自由をはく奪の最たるもの→共産主義、そして大詐欺師、大衆は、目先の利に心場われる過ちを犯すことなく、確りとした現実、大局観から洞察する知恵を持つべきと思われます。

1人がナイス!しています

0

過去にキリストなりブッダなり厶〜なりが出て来ましたが、結局は人間は人間のままでいたでしょう? 人知を超えた人やら何やらが出て来てもそれだけで人間はランクの上がった存在にはなり得ないのです。