癒合剤についてお伺いいたします。 植木の剪定後に切り口に使用する癒合剤です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ありがとうございます!

お礼日時:2021/12/3 18:23

その他の回答(2件)

1

リンゴなどの使用比較でも、トップジンMペーストかバッチレートですね。 樹種により効果が違うようで、各種の報文では違いが有ります。 両方ともに殺菌作用が有ります。確実な比較試験は行ってはいませんが、好みで言えばバッチレートです。 私例では、両方を使用していますが、大きな違いは見えません。 私例でのカルスメートは、接ぎ木などの時に、接ぎ木部分に雨水や潅水時の水の侵入防止に使っています。

1人がナイス!しています

0

役目は 殺菌 切口を塞ぐ 切ってすぐなら 切り口をすばやく塞ぐので ペンキ 木工ボンドも 代用可能と 効果が確認されています MSDS トップジン 成分表 ーーー http://www.effestep.jp/msds/pdf/4754201.PDF トップジン 87% 水、添加物(極秘) 3% 適用外(農薬) ジメチル[1,2-フェニレンビス(イミノカルボノチオイル)]ビス[カーバメート] 別名 チオファネートメチル 9.9% エチレングリコール *モノエチレングリコールはポリエチレンテレフタラート(PET樹脂)の主原料の一つである。 また、毒性が低く、水によくとけ、融点が低いため、自動車用不凍液 チオファネートメチル(商品名:トップジンM)水和剤では散布後30分以降の降雨ならば防除効果の低下は少ない。 粉剤では降雨強度が防除効果に強く影響し、弱い雨が2∼3時間程度ならば再散布は必要ないが、強い雨があった場合は、直ちに再散布する。