ID非公開

2021/11/22 13:24

88回答

なぜ最近の車(mt車)はエンジンブレーキの効きが弱いのでしょうか? 昔の車はシフトダウンするとみるみるスピードが落ちてよかったのですが…

自動車187閲覧

ベストアンサー

0

もしカロスポ用の軽量フライホイールあるなら入れて見ればわかります。 レスポンスもエンジンブレーキの効きも、激的に変わりますよ(笑) 工賃が高いけどね...

その他の回答(7件)

0

最近の車だとギア比がクロスして繋がりが良くなっていたり、車重が重くなっている可能性も考えられるかもしれません。

0

自分もエンジンブレーキの効きの弱さ(積極的にシフトダウンしないとAT車より弱いかも)のほかにも、踏み込み時や緩め時の「鈍い」とまでは言わないが鋭さを感じないレスポンス(特に高負荷時)や変速時の回転落ちの遅さなどを感じます。 これはおそらく各種効率の向上やフリクションロス・ポンピングロスを含めた各種ロスの軽減、大量のEGRなどエミッション規制に対応するためのエンジン制御が関係しているのでしょう。 排気ガス規制に対応するためのエンジン制御に関してはキャブレター時代でもダッシュポッドやスロットルオープナーで対応していましたが、より減衰特性の高いダッシュポッド・より大きく開けるスロットルオープナーが付いているような印象ですね。 まあ一時期の排気ガス規制対応エンジンよりはずっとマシな特性でパワー自体もきちんと出ているのですが、今ひとつか今ふたつ魅力に欠けるエンジン特性ですね。

0

最近の車とありますが 昔、どんな車に乗ってきたんですか? もしかして安いコンパクトスポーツカーじゃないでしょうか?

ID非公開

質問者2021/11/22 14:53

数10kmほどしか走ってませんが、知人の車180sx (T) インテDC2(R)になります 自分のはカロスポMTです

0

エンジンがエコ志向になってるのフリクションロスが減ってると言うはあると思います。 エンブレはポンピングロスが主体ですがフリクションロスもあります。 ダウンサイジングなどエコエンジンの目的はフリクションロスの低減ですから。

0

全く感じません 5MTよりは6MTでギア比が細かいとか そもそもエンジンブレーキが大きいのって、スポーツドライビングでは邪魔でしかない だから回転を合わして、変速ショックを消しますよね 自動でプリッピングしてくれるのもある あなたのも自動プリッピングがついてませんか