ID非公開

2021/11/22 13:27

44回答

スタインバーガーをツイッターで検索するとヲタっぽくネチっこそうなのがわんさか 木製廉価品を除けば現在の流通量は極少なのに何が彼らの心を掴んでるんでしょうか?

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(3件)

3

グラファイト物を持ってますけど、私の場合はラルクがきっかけですかね。 ボーカルが使っていたのと、ギターとベースも持っており、あの見た目に非常に惹かれました。 今では廉価のスピリットも復活したUSAもウッドネックになりましたが、グラファイト期の物はとにかく耐久性が高いのと、デッドポイントがなくクリアで、見た目から想像できない非常に素直なサウンドが人気の一因と思います。 ただし、ネックは普通に反るので、完全にメンテフリーって訳では無いですがね。 好き嫌いはありますが、グラファイトネック自体は非常に良いですよ。

3人がナイス!しています

0

>現在の流通量は極少なのに この前提がズレてますね。 グラファイト製で、十年二十年放置しても 壊れない汚れない耐久性・耐汚性が高く 汚れても濡れ雑巾で拭けば新品同様。 1980年から40年以上販売歴があって 販売本数が少なくても、経年劣化が無いから 中古流通量が多いのです >strandbergでもkieselでもなくスタインバーガー 前提として、スタインバーガーは 一般的なちゃんとしたギターという扱いではなく、 変わり種ギター枠での活躍です。 KOLOSSやタルボのアルミ製ギターとか 合成樹脂(プラスチック)製のジューシーギターズとか LAVAのカーボンファイバーギターとか 非木製の変わり種ギター枠です。 一目見て、変わり種だと分かる変な外見なので 色んなミュージシャンがミュージックビデオの中で 一回は持って撮影しているギターです 例:スピッツの「ありがとさん」など レコーディングやライブで使われなくても ミュージックビデオには出てくるギターです 実用性について考えると スタインバーガーはトラベルギター枠の中では 音的に高性能と言えます。 持ち運びに便利な軽さ、省スペースを売りにした 旅行用ギター枠内だと、ましな音が出ます ツイッターを見る限りだと ベーシストからの支持が厚いですね。 ベースはギターより重い場合が多く、 高性能なベースほど重量は増します。 音のクオリティは普通で良いので とにかく軽いベースが欲しいと思ったときに スタインバーガーの名前が挙がるようです。 腰やヒザを痛めて、重いベースは無理となったときに ケガが治るまでスタインバーガーで対応みたいな。

5

大学3年生です! スタインバーガー=アランホールズワース、スティング、ビルワイマンのイメージがあります

5人がナイス!しています