おかしな質問ですが、セラミックの刃物が存在しているのはなぜでしょう。あれ性能では鉄の刃物にだいぶ劣るようです。脆いでしょうし。それなのになぜ。

工学 | 文房具435閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

錆にくい・斬れやすい・手入も簡単

錆びにくいというのは当然です。同意。しかし手入れが簡単というのはどうか。砥石なしで手入れする道があるのでしょうか。 反発しているわけではないのです。ただ、わたし、四六時中鉄刃物を研いでいるので。研ぐ手間が省けるならありがたいなと。そういう手があるならぜひ知りたいのです。

0

包丁などはジルコニアセラミックスで、曲げて も折れにくい部類です。 でも、鉄と比べては負けるが包丁やハサミで それほど必要でなく、割れ欠けが起きないなら 使えます。 硬さではアルミナが勝り、鉄を削る工具に使用。 https://www.ngkntk.co.jp/product/cutting_tools/ceramic_grades.html 京セラが発売した当初は割れるのではと心配 されたが、殆ど起きなかったから続いてます。 京セラはIBMに半導体用セラミック部品の納入 に成功したのが発端で、セラミックエンジンの 開発を手掛けたが失敗し、セラミックを使う ものはと調べ、包丁など家庭用品に辿り着き、 他ルビー、サファイアの人造宝石もあります。

0

それまで無かった靭性が高いセラ材質(部分安定化ジルコニアと言います)が開発されたからです。

0

「白くて、おしゃれで、清潔そうに見える」ということではないでしょうか。 わたしは「プラスチックのおもちゃに見えるのに、よく切れる」…というギャップを感じており、刃物に対する緊張感を失ってケガをしてしまいそうで、どうしても使う気にはなりません。