共産党寄りの映画監督大島渚の映画って高く評価されていますか?

日本映画42閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。彼は女子高生コンクリ殺人事件の被害者を加害者の遊び仲間だったという不確かな情報を流していました。

お礼日時:2021/11/27 13:35

その他の回答(2件)

0

高く評価されてますよ.. ただし政治色の濃い,1960年代の作品と1970年代以 降<『愛のコリーダ』あたりから> の作品は確かに 違いますね.. (Fan, 評論家の中でも賛否が分かれる) なお彼は, 左翼ではありましたが 日本共産党 とは距 離をおいていたと言われています.. 1955年の路線変更 (55年体制) で幻滅を感じたため、 というのが理由らしいが, 京大在学中の 1950年代前 半, 京都府学連委員長時代にオルグされたが入党は断 っていますので, 同党の存在 (方針?) には当初から 疑問を感じていたように思われます.. TV「朝生」で激論をかわしていた頃と、野坂昭如 と 大喧嘩していた頃 <原因は 小山明子 を廻るものだっ た?, というから人間臭いw> が懐かしいですね..

0

有名な無政府主義のテロリストから、名前とられたらしいです。ぶっ飛んだ親御さん。 戦メリに共産党要素は全くないです。 このひとが上下白いスーツきて品川駅にいたの見たことがありますが、どう見ても堅気じゃなかったです。