素朴な疑問。

補足

ボクが誤解を招いたみたいです。 「高級豆使用」と質問しましたが、缶には『高級豆100%使用』と銘打っています。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どうもありがとうございます。 コーヒー豆については、「サービスなのかなあ」って勝手に思いたかったのですが、kaffeさんの理由が一般的で最もなんだろうな〜 って思いました。 それと、ナイスも付いていたので選ばせてもらいました(^^) 皆さんもありがとうございます〜

お礼日時:2021/11/28 19:50

その他の回答(4件)

0

「使用」なんだから比率は関係ないよね 高級+低級で原価の辻褄を合わせていても問題はありませんよね?

それが、缶には「高級豆100%使用」と明記してあるのです。 と言うことは、使ってる豆が高級豆を100%使用してるのではなく、使用してる豆の中の高級豆と呼ばれる物は100%高級だと言う意味なのでしょうか? …ある意味、それも有ると言えば有りなんだとも思いますが。 解釈が難しいですね^^;

0

>缶コーヒーで、高級豆使用とそうでないのが同じ値段なのは何故なのでしょう? あくまで可能性のお話ですが・・・ 缶コーヒーの原材料の所に、「名称 コーヒー」と書かれていますよね。 これは、全重量に対してコーヒー豆が5%以上使用されている場合に、表示する事ができるのだそうです。 (ちなみに、2.5%~5%」の場合は「コーヒー飲料」となるそうです) 5%以上・・・ということは、豆を5%使っても10%使ってもコーヒーということです。 200グラムの缶コーヒーの場合 5%・・・10g 10%・・・20g となりますが、例えば 普通豆:1円/g×20g=20円 高級豆:2円/g×10g=20円 豆の高級度以外に、豆の使用量もコーヒーの原価に大きく影響するはずですよね。

0

そもそも、同じ容量の容器入りの飲料の価格が(ほぼ)横並びなのは独禁法違反な気がします。ビールなども、容量が同じなら値段は同じってのも変な話(プレミアム商品除く)。 話を戻して、お茶やコーヒーは原料からメーカーが作っているわけではないです。言い方が悪いかも知れませんが、専門メーカーで売り物にならないようなクズを安く買って寄せ集めて作っているんです。 それでもコーヒーは清涼飲料水としては利益率低いらしいですけれど、まぁ売れ筋商品ですから薄利多売でも良いんだと思います。メーカー側からすると、”売れすぎると困る”商品って有るんですよw

0

そんなことはありません。 同じ値段を設定しても売れる地域の自動販売機が同じ値段になっているだけで、たとえばディスカウントストアなどでは価格が異なることもあります。 (マズいと有名な缶コーヒーがジェーソンで19円とかだったり、、、) なお、自動販売機は全ての商品が横並びになっているため、「缶の大きさが同じなのに値段が違うのはおかしい」と感じる人はいて、そういう人が多い地域では「本当は値下げしたいが値段を統一せざるをえない」というケースはあるかもしれません。