介護の仕事をしています。心がぽっきり折れてしまいました。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

なんの解決にもなりませんが、 どの方向から殴りますか? どのタイミングで殴りますか? どのくらいの強さで殴りますか? 大体同じタイミング、方向、強さで殴ることが多いと思います。 要は除ければ良いのです。利用者がけがしない程度に。 あと詳しく書いてないですが、二人介助ですか? もし一人介助なら二人介助に変えてもらうのも手です。 皆が経験する道です。 私は除けるか、 振りかざされた手をよけないで、ぎゅっと握り「あーぶーなーいーですよ」と言います(ひるんでくれます) 慣れですよ慣れ。

1人がナイス!しています

1

元、特養の生活相談員 兼 介護福祉士だったものです。 私も似たような経験は山ほどあり、利用者のためにしていることなのに嫌がられ、拒否・抵抗され、あげく自分が被害を受けても何もやり返せない。 そんなことが重なり、介護系の職場はどこに行っても職員も腐っているので、足を洗おうと別業界に転職しました。介護関係の知識はほとんど行かせていないですが今の方がいいです。 やはり人間を相手にする仕事は大変です。しかも対等な立場でないなら余計に。

1人がナイス!しています

1

心理士をしています。 患者さんの立場になり思考を捉えて、それに合わせて症状を和らげています。 その過程で好意を持てられた事があり腕を掴まれそうになりました。 認知症の方の攻撃性は混乱の中から生まれます。 例えば車椅子でお風呂に行くとします。 お風呂に行きましょうね で過去お風呂であったイヤなことを思い出します。 行く道中でお風呂のことを忘れても「イヤなこと」の意識は忘れません。 その時はどこに移動しようとしていましたか?

1人がナイス!しています

1

うちの姉が、民間企業に暫く勤めて 適応障害起こして円形脱毛症などになり 病む一歩手前で職を辞しました。 元々教職員になる気など毛頭なかったのに 偏差値の都合で大学は教育学部だったので 取り敢えず非常勤でもいいからやってみれば? と勧めたのが運の尽き… 初っ端に配属されたのが、地域でもとりわけ荒れてる とされる学区の前任者がうつ病で逃げたクラスの担任でした。 先生が授業を始めようと教室に入って来ても 机に放り上げた足をおろしもしない小学2年生 すぐ傍まで行って【おろしなさい!】って言ったら 思いっ切り腹を蹴られて、泣いて帰って来ました。 正直、翌日以降行くのが凄く怖かったと思います。 それでも逃げられない性格故か、頑張って任期いっぱい しっかり勤めたのは立派でした。 しかし、その後もずーっと同じ学校で 同じような環境下でお勤めとなっていたら 多分また病んで辞めざるを得なかったと思います。 あくまで【ここまで勤め上げれば】という終わりが見えていた だから頑張れたんだと思うんですよね。 誰かがやらなければならない仕事、とはいえ 感謝されるどころか、いつ殴りつけられるか分からない そんな状況で、どうやって就労意欲を保てばいいのでしょう。 介護のお仕事、と一口に言っても 質問者さんがこなされてるような、最も過酷な環境ばかり とは限りません。 認知症は無く、要生活支援で自宅生活のお手伝い などのお仕事も、常に人手が足りません。 今のまま無理をされて心身の調子を崩されるより いっそ、同じ介護業界でももう少し違う仕事内容 負担割合のところに移られることも、お考えになってみては。 そうこうしてる間に心のチャージが出来て 【うん、もう一度頑張ってみようかな】と思えたら その時また戻ることも検討されたらいいじゃありませんか。 正直、日本の介護現場は働く人の使命感と責任感 遣り甲斐にタカって負ぶさって成立している。 見合うだけの高額報酬が担保されるわけでなし 預けてるご家族だって、丁寧に感謝を伝える人は少ない。 ご自分で決められたことだから…と仰るけれど やってみて分かること、気持ちが変わること 体力的に追いつかなくなる時だって来る。 その時、ご自身の為に環境を変えることを決断されたとして 一体何が悪いというのでしょう。 今までよく辛抱して踏み止まられたと思います。でも… 誰にだって限界は有ると思います。

1人がナイス!しています

1

でも、休んでなさいって、この一言が言えているあ上司の元なら、私は“こんな事ぐらい”(軽い意味では無くて)は、乗り切れる、乗り切らせてくれる職場だと思いましたよ(^ー^) 痛かった。 その痛みを我慢しろとは言えませんが、その痛みを和らげる時間を与えてくれる職場、これが長続きの秘訣だと思います。

1人がナイス!しています