今は無き昭和のハンバーガー自販機。実際、どの様な味だったのでしょうか?

画像

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

あるところにはある! レンジでチンすると フニャフニャになり 風呂上がりの足の裏みたいになります

1

今でもヤマザキの98円くらいで売っているハンバーガー、チーズバーガーでパッと見は電子レンジで温め過ぎた感じ。表が何かふやけて硬いけど味はしっかりしているというもの。ただ見た目は温め過ぎたようで表はかなり熱いのに食べてみたらハンバーグ部分が冷たかったりする場合もあった。 写真のとはちょっと形状が違うけど、昔一部のパチ屋にも設置されていて、取り出し口に「かなり熱くなっています。ご注意ください」と書かれていたのにはいつも笑っていた。この世界では別の意味で熱くなっている人多かったからね。

1人がナイス!しています

1

昔ね マルシンハンバーグのようなパティで厚さ1/2 ケチャップやや多め 辛味の無いマスタード少々 折り畳み式の箱に入っていた 現在は販売所個々で作って入れているから 商品は販売機ごとに違うね。

1人がナイス!しています

1

今でも京都府の由良海水浴場の近くで売っていますよ。レトロ自販機の関西の聖地で、多くのバイカーが訪れています。まあ近い味なら100円マックかな。今は100円ではなくなりましたが、ヤマザキや下手なパン屋さんの物よりパサついているだけましですね。じっとりタイプの液体まみれの手が汚れるバーガーでは無いのは確かです。(*^^)v お勧めはチーズバーガーですよ。

1人がナイス!しています