集合A,Bは、全体集合U={n|nは自然数で、1≦n≦100}の部分集合で、A={n|nは2の倍数で、n∈U},B={n|nは5の倍数で、n∈U}である ①A∩Bの要素の個数

数学 | 高校数学18閲覧