「30年以内に首都直下型の大地震が来る」 って25年前から専門家が言っていましたが、今も大体同じことを言っています。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2021/11/27 20:44

その他の回答(8件)

0

30年前の地震学者が言ってたことと、現在の地震学者が言うことは、全く異なるからね! 現代は、観測装置も増えて、コンピュータの解析処理も速くできる。 それに、昔は、地震は限られた範囲の現象と思われていたが、現代じゃ、広域に地殻が影響しあって、遠方でも関連地震が発生することが、わかってきた。 地球は、地殻のジグソーパズルで出来ているようなモノなので、何処かで地震が起きると、その歪がまた別の何処かの地震の原因や引き金になったりしている。 また、2点間で相互に影響して、交互に関連地震が発生したりすることも分かってきている。

0

「30年以内に首都直下型の大地震が来る」なんて言った専門家はこれまで一人もいないはずです。30年以内に起こる確率を言っているだけですから。 ちょっと違うのですが、サイコロで1⃣がでる確率は1/6だからといって6回投げれば必ず1⃣が出るわけではないのと同じことです。

0

・「首都直下」地震のうちの 「領域または地震名:相模トラフ沿いの地震(第二版)・プレートの沈み込みに 伴うM7程度の地震、 長期評価で予想した 地震規模 (マグニチュード):7程度 (6.7~7.3)」 は、何年経っても(発生直前まで?若しかして1回目が発生しても?)、 「地震発生確率(注1): 30年以内:70%程度」 は変わりありません。 理由: 「元禄~大正関東地震のサイクル間220 年間に8回発生」から「ポアソン過程から発生確率を算出」 しているからです。 (計算式は、1-(1-(8回/220年))^30 です) 質問【この鐘を鳴らすのは私さん 2021/11/25 16:51 「30年以内に首都直下型の大地震が来る」 って25年前から専門家が言っていましたが、今も大体同じことを言っています。 https://news.yahoo.co.jp/articles/970bc7597108a49a88ea9e287449cb5c380aaa73 どうして30-25=5年以内じゃないんですか?】

参考: 「平成17年(2005年(1月12日現在 今までに公表した活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧」<https://www.jishin.go.jp/main/choukihyoka/ichiran_past/ichiran20050112.pdf> 「相模トラフ沿いの地震:その他の南関東の M7程度の地震:6.7~7.2程度:地震発生確率30年以内:70%程度」 ・・16年経過・・ 「令和3年(2021年)1月13日現在 今までに公表した活断層及び海溝型地震の長期評価結果一覧」<https://www.jishin.go.jp/main/choukihyoka/ichiran.pdf> 「相模トラフ沿いの地震:プレートの沈み込みに 伴うM7程度の地震:7程度 (6.7~7.3):地震発生確率30年以内:70%程度」