ID非公開

2021/11/26 3:07

1010回答

編み物をしようと思っています。 やっぱり始めはマフラーからですか? セーターを編みたいと思っていますが、いきなりは無理ですか? 本を読みながらでも、なかなか初心者には厳しいですか?

手芸270閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(9件)

1

人によると思います。 私はミトンや帽子などの小物を数点仕上げてから、いきなりセーターではなくてベストに手を出しました。独学で本を見ながら。 でも模様もちょっと初心者向きではなかったのと、ヘンリーネックといって、襟ぐりにボタン3つ分ぐらいの開きがあるデザインだったんですね。この開きの作り方がよくわからなくて… そこにたどり着くまでも『たぶんこれでいいんだろうな、じゃないとこっちが辻褄合わないし…』と、いくつもの『たぶん、合ってる』を積み重ねて進めていたので、だんだん『もしかしたら間違って進めてるのかも』疑惑が積み重なってストレスになってしまって。 「もう、ここはこうですとハッキリ答えを教わりながら進めたい!!」と思って、結局編み物教室に通いました。 質問者さんがどういう性格なのか? 私が初心者の頃にたくさん感じた小さな疑問・心配も気にならない、「セーターなんて着れればいいんだから♪」ぐらい大らかな性格でいらっしゃるなら、独学+ときどき我流(自己解釈)でガンガン進めて編めると思います。 でも私と同じように「本当に“正しい編み方”はこれで合ってるの?」と些細なことも気になる性格でいらっしゃるなら、教室をお勧めします。 マフラーは、手加減を安定させる練習にはもってこいです。野球やテニスの素振り練習みたいなものですね。 初心者のうちは手加減が安定しないので、同じ目数を何十段と繰り返すとだんだん幅が広がってきたりするんです。マフラーだったらまぁそれでも首に巻けるじゃないですか。不恰好だけど。 でもいきなりセーターだと、後ろ身頃はキツキツに編んでしまって、前身頃はゆるく編んでしまって丈が違うから脇がとじられません…とか、左右の袖の長さが違ってしまってどうしよう、となってしまいます。 そうなるとセーターの形に組み立てられないので、初心者さんはまずは小物から(中でも目を増やしたり減らしたりしなくていい長方形のマフラー)、というアドバイスが定番になってるんです。 小物スタートでもいきなり大物チャレンジでも、何かスタートさせてみればいろいろ得るものがあると思いますし、ぜひ始めてみてください。 長文失礼しました。

1人がナイス!しています

0

マフラー編めたからって、、セーターは編めないです。 マフラーなんて編まなくていいです、毛糸がもったいないです。 セーター編むならマフラーではなくて、ゲージのための15㎝四方の試し編みを編んでください。↓ https://www.tezukuritown.com/nv/c/ce1151017/ スチームはたっぷりかけて編地を整えて乾かしてからゲージを測ってください。メリヤス編みやセーターに使ってある模様編みを練習を兼ねて試し編みしてください。 本でわからない時は知恵袋などで相談してみたらよろしいのでは?

0

さんざん初心者さんはマフラーから・・・と言っている私ですが、 完全独学なのでメリヤス編みを理解するのに手間取り、 その嬉しさで初めて作ったのがセーターでした。 ゴム編みもなし、直線だけ、ゲージなんてものも分からず 自分の体に合わせながら編み、その時にとじ・はぎも覚えました。 結論から言うと、いきなりセーターを編むことはできます。 でも、初めて編んだセーターは着ることはありませんでした。 着て外を歩けるレベルかどうか?というところかと思います。 ただセーター1着編むって増し目や減らし目、とじ、はぎ、拾い目等々 色んな事をしないといけません。 それをいっぺんに学べる、という意味では良い教材かもしれません。 着れなくても一通りを理解するために編む、というのであれば チャレンジしてみて良いと思います。

2

効率や確実性などを考えれば マフラーからの方がベターですが 自分が本当に作りたいものからチャレンジしたほうが やる気は出ます 結局のところあなた次第です ただセーターからトライすると 最初の一枚は着られるようなものができるかは わからないことはお忘れなく (なに 3枚も同じもの編めば 着られるもの出来ますよ)

2人がナイス!しています

3

わたしはいきなりセーター編んでゲージ無茶苦茶、編み方間違いなど初心者がやらかしそうなことを全部やって結局全部編み直した経験があります。 いきなり大きなものを編んでイマイチな出来のものになって編み物嫌い、ってなるのは不幸だと思うので、わたしも小物から編むことをお勧めしたいです。

3人がナイス!しています

マフラーならば、間違っても比較的ほどいて編みなおすダメージは少ないし、書いてあるより少々大きかったり小さかったりしても使うのには差しさわりないですし。