なぜ松平容保は幕府が滅びた後、朝廷に裏切られ、慶喜には登城を禁じられ裏切られたのに徳川家を愛していたのでしょう?

日本史 | 歴史216閲覧

ベストアンサー

0

朝廷からの任命で宮司になったんですかね?慶喜にはもしかしたら失望したかもしれませんが、でも容保の性格上自分の不肖と思っていたかもしれませんね。ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

他の人物のストーリーも交えてご説明していただき、勉強になったのでベストアンサーにさせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2021/11/26 22:11

その他の回答(4件)

0

松平容保は奥川で、慶喜は高津監督ですね。 せっかく好投して勝ち投手の権利を持って後ろに託したのに、マクダフが3点取られてサヨナラ負けした。日本シリーズの勝ち星が消えたのはショックでしょう。 あるいは昨日の山田。せっかく奇跡の同点スリーラン打ったのに、マクガフが打たれて負けた、MVPとり損ねた。 もう、マクガフが出てきたら勝つ気がしない。高津監督は何を考えてるのか。 かと言って、ヤクルトスワローズのために頑張るのは変わらない。最終戦まで縺れたら、奥川はもう一回先発するでしょう、たとえ故障しても。山田は何がなんでももう1本打つでしょう。 そういうもんです。いくら監督の采配が外れたとて、それは仕方ないときは仕方ないんですよ。

0

会津は松平容保の松平家固有の領地です。 一所懸命が武士の基本であり、「ならぬものはならぬ」の通りだと思います。 薩長に黙って降伏というのは武士らしくありません。