仏壇に手を合わせて祈る意味を教えてください。

宗教 | 一般教養144閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

ID非公開

2021/11/29 21:10

現世の人を手助けできるかは仏さんの力、霊格によります。 生きてる人間にできるのは先祖供養としっかり現世を生きること。 仏壇に手を合わせることは回向になります。ただ、できるだけお願い事はできるだけしないように。仏さんの霊格を上げる修行を邪魔してしまいます。日々のお供え、感謝の気持ち、読経や写経が仏さんの力を強くします。 あと、生前にお遍路をされていた方のお力はすごいですね。今まで沢山の仏さんから様々なことを教えて頂きましたが、ご相談いただいた方の病気治しや今後のことをより先まで見せて下さった仏さんは皆様お遍路をされていた方でした。 ただ、参加するのに旅行会社、ツアーは反対です。

1人がナイス!しています

1

それ自体に意味はありません。 でも、人は信じ込むと心理的現象で考えがポジティブになる生き物なのです(ネガティブにもなる)。 鰯の頭も信心からと言うくらいで、他人から見てどれ程つまらんものでも、本人が信じていれば功徳のような現象が本人には感じられるのです。 験担ぎの正体は、プラセボ効果と言う心理現象です。

1人がナイス!しています

2

拝めば先祖の加護があるという思い込みです。 自己暗示を強める効果はあるでしょう。

2人がナイス!しています

3

仏壇に祀ってあるご本尊様に手を合わせてご家族、身内をお守りして頂く事、ご本尊様に御先祖様をお守り頂く事、故人様のご冥福をお祈りする事、我々の思いをご本尊様から故人様へお伝えして頂く事ですかね。

3人がナイス!しています