「台湾有事に日米で防衛」反対の鳩山氏は正しいか? . 「台湾有事の際は、日米で一緒に防衛すべき」との麻生発言に対し、 20日、鳩山由紀夫元首相は「日米は戦争回避に尽力すべき」と批判。

ミリタリー303閲覧

6人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

子供の頃、相手の腕を止めないと殴打が止まらず、 病院送りになるので、「話し合い」は両者を引き離した後で、 冷静にするしかないと思ったものです。 鳩山ブームに反対したため「世間知らず」と怒られましたが、 「外交の鳩山」「民主党外交最高顧問」として、大人たちが 絶賛する鳩山さんなので、そんなに共産党に影響力が あるのかと、驚いてしまいます。 昔、話し合いで解決、非武装の社会党も北朝鮮の拉致を 数十年も阻止できなかったので、本当に注意すれば、 中国も「はい、止めます!」と撤退するのか、よく分かりません。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

賛否両論、視野が広がりました。 迷いますが質問放置は避けます。 BAは返信等の丁寧さを考慮しました。 丁寧な回答にはナイスを贈らせてください。 鳩山さんが再び、自衛隊の最高指揮官にならないことを 願いますが、忘れた頃に歴史は繰り返すと見ています。

お礼日時:2021/12/1 8:58

その他の回答(6件)

2

「友愛」を主宰する鳩山氏をまともに扱う方はいませんよ。 友愛に賛意を贈る著名人の真意は不明ですが、鳩山氏は大手タイヤメーカー創業者株式相続人の1人で、年間数千万円の株式配当を受け取ってるようです。2009年首相当時、同氏母親からの預金の振り込みが脱税でわとの嫌疑で予算委員会で答弁させられてましたけど、ある年の株式配当額が約8000万円と発言するとこTVで見てました。運営資金には事欠きません。報奨金もらえれば著名人と言えどもリップサービスしますよ。・・・ただ茂木氏・・・とか、もはや過去の人になってますけど(笑) 旧民主党幹部も鳩山氏の奇行とその発言に手を焼き「お辞めになられた方の事は申しません」と苦渋の対応してたじゃないですか(笑) すでに奇人変人扱いの氏に反応してはいけませんよ。 中・韓には、氏は反日姿勢・反日発言を都合よくつかわれる人寄せパンダ扱いです(笑)

2人がナイス!しています

勉強になります。 鳩山氏は退任後も「民主党外交最高顧問」として持ち上げられた せいか、「外交の鳩山」を自負し、歴代政権を全て見下しています。 私からすれば「そんなに自信と金があるなら、なぜ 新党を立ち上げて、維新のように躍進しようとしないのか」 それが不思議でした。 一方で鳩山氏が叫ぶほど、ドラマの回想シーンのように 有権者が民主党時代を思い出してしまい、自民にとっては 「援軍」にも思えます。鳩山さんは立ち位置が分かっていない 不思議キャラに感じますが、中韓にだけは利用されてほしく ないと願っています。

1

いつもお世話になっております。 いやあ、鳩山氏の発言に疑義を呈する質問で、当時支持者に怒られたから鳩山ファンも尊重しますというのは、少々皮肉が強すぎませんかね(笑) それはさておき、まあ、いつも通りだなあ、と思います。そもそも4か月も前の発言をどうして今さら持ち出したのかわかりませんが…。 まず、日本が台湾有事に介入するべきかどうかという問題には、賛否両論あって良いと思います。確かに麻生氏の発言は、いかにも戦争を前提にした発言で踏み込み過ぎな面もあります。引用元の記事にもあるように、日本の政治家や国民に中国と戦争する覚悟も準備もない。そんな状況で政権のナンバー2が台湾有事への介入を宣言するのですから、危惧や懸念の1つ2つは出て当然です。 鳩山氏の発言も、普通に読めば「そもそも戦争の話をする前に戦争にならない努力をする方が先だろ」という趣旨です。うん。普通です。何も間違っていない。そういう意味で鳩山氏の発言は「正しい」。 で、尋ねたいのは、習近平氏が台湾独立に対して「武力行使を放棄することはしない」(引用元下記)と発言していることについてはどうお考えなのか、ということです。ついでに言えばバイデン氏も台湾防衛について「私たちにはそうする責任がある」(引用元下記)と発言していますね。 繰り返しますが、今回の鳩山氏の発言は内容自体は普通です。にも関わらず批判されるのは、そもそも台湾有事を引き起こそうとしているのは誰か、という点を無視しているからです。中国が(本気かはともかく)台湾統一を公言し、武力行使も排除しないと言っている。だから麻生氏は牽制した。それなのに麻生氏だけを批判するから、「まず戦争を止める努力をしよう」というまともな発言を素直に受け入れて貰えないのです。 質問文で例えれば、まだ女子は襲われていないけれど、相手が刃物を出して襲う構えを見せているわけです。そこで「襲ったら力尽くで止める」と言っている人間を責めるって、誰が聞いたって変でしょう。 尖閣やクリミアに関する発言もしかり、その変さに気が付かない限り、鳩山氏の発言が世論に受け入れられることはないでしょう。 引用元:産経新聞『バイデン氏の発言』 https://www.sankei.com/article/20211026-NMKS5QBHSFN3TDDVIXX34CAWKA/ 引用元:日本経済新聞『習主席「武力行使も選択肢」』 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39599370S9A100C1FF8000/

1人がナイス!しています

こんばんは。 こちらこそ、先日はありがとうございました。 2日後の立憲民主党代表選をにらみ、4人の候補とも 「辺野古移設反対!」と鳩山さんの頃から変わっていないため、 心配になりました。自民党総裁選で質問した以上、 野党第一党も触れるのが良識と考えております (冗談)。 台湾有事は「これから攻めるぞ」ではなく、既に 中国軍が台湾に侵攻してしまった事態です。 軍事常識で言えば、台湾侵攻と同時に、日本中に ミサイルが降り注ぎ、衛星は破壊されてスマホすら 使えないでしょう。空港も港湾も破壊され、東京ですら 停電になっている筈です。原発やダム、火力発電所も 破壊され、テロも起きています。シーレーンは封鎖され、 食料もエネルギーも途絶えます。 この状況で「鳩山さんのように呑気なことを言っていられるのか」 はなはだ理解不能でした。「台湾有事=日本の心臓を 刺す行為」に等しいという認識です。

3

我が国には、日本共産党という訳の分からない反日集団があるように、そこに友好国の危機が迫るのに訳の分からん発言をする元総理大臣もいるのですね、、 話し合いをしても軍事侵攻する国が中国で、津軽海峡を侵攻する国には、日本、アメリカ、台湾ががっちり腕を組まなければなりません。だからこそ守り通せるのであって、現副総理が言うてることに、論議する場合ではありません。 もちろん憲法上戦闘には参加できませんが、後方支援をがっちり行い台湾に支援することです。そのための自衛隊です。

3人がナイス!しています

私は8割の大人たちが熱狂的に鳩山氏を支持した時、 ①外国人参政権、②日米同盟軽視・中国傾斜、③財源を無視した 大衆・女性迎合的なバラマキ、④ダム廃止・辺野古移設反対に 不安があり、民主党ブームに距離を置いた経緯があります。 大学OBの公認会計士や税理士がいくら計算しても、 子供手当や高速道路無償化等の財源として、埋蔵金や 無駄遣い削減でカバーするのは無理であり「2~3年で、 消費税増税を言い出すかもしれない」と思ったら、案の定 でした。立憲民主党大代表候補4人も、いまだに鳩山氏 同様「辺野古移設反対」を唱えています。 今年ですら立憲民主党・共産党躍進を期待したメディアが 多く、また大人たちが「第二、第三の鳩山」を選ばないか、 案じています。有権者がしっかりしないと、中国に 乗っ取られるのも時間の問題と見ています。

4

~学校で女子を襲う奴を、力ずくで友達と止めましたが、 他の女子から「止めちゃだめです。話し合うべきなんです」と 言われ、戸惑ったことがあります。~ 襲われそうになっている、もしくは、女子の側に襲われても仕方がないだけの理由があるならいざ知らず、目の前で襲われているのを止めるなとは、まともではありません。 普通は止めてから、原因や動機を問いただすものです。 あと、日本もアメリカも戦争回避に尽力をしています。 誰も戦争なんかしたくはありませんから、中国に早まった選択をさせないために、馬鹿な事をしたら、全力で邪魔をするぞと教えているだけです。

4人がナイス!しています

同感です。 「現在進行形」で攻撃中の相手をまず止めないと、 話し合いに入れません。他の女子は泣いたり、叫んだり していましたが、あまり効果はありませんでした。 台湾侵攻時には、沖縄と鹿児島の基地も叩かれ、 衛星も破壊されているので、台湾への攻撃は日本への 攻撃と同時進行と見ています。

0

そもそも中華同士の権力争いが中台問題の根源、中国の正当な政府は中華人民共和国なのか?中華民国なのか?の争いです。再び国共内戦になるとは思いませんが、中華民国「台湾」を防衛する理由は日本には無いですね。 中華民国「台湾」はそもそも最初に尖閣諸島の領有権を主張し始めた政府、南シナ海の不法占拠、環礁埋立も中華民国「台湾」が最初、南シナ海全域の支配権主張も中華民国「台湾」が最初、そして国際司法裁判所判決を無視する倫理観。 中華民国「台湾」は所詮中華です。

画像

たしかに台湾も尖閣では強気であり、 「与那国・宮古・石垣・尖閣」一帯での 漁場を広く台湾に開放するなど、日本が大幅な譲歩を したことは、あまり報じられていません。 EEZ内での無断調査も、かなり多い。 一方で尖閣や台湾が中国に渡れば、潜水艦を中心にした 日本の防衛戦略が根底から崩れます。いろいろ悩みます。