一生住まないといけない(引越しできない)持ち家の人は、近所付き合いで、ケンカは、絶対出来ない。だから仲良くせず薄いお付き合いで、いい感じの関係をキープすることを心がける。と言われたことがありますが、あ

補足

長年の仲良しの友人と半年以上連絡が、来なくなりました。きっかけは、このコロナ禍、「マスクは、意味がないんだよ」とする陰謀論大好き友人に対し長々とマスクの有効性の解説文を2種類もLINEでコピペしたら一切連絡来なくなってしまった。(大親友だったのに)この時に前から聞いてはいましたがご近所付き合いも薄くしたほうがいいと再確認しました。また「引越しおばさん」などいろいろ事件があるのを見ると・・・

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

隣人と超仲良しとか良い関係なんてのはほとんど無いと思いますが。 昭和までじゃないですか? 昔の長屋とか、隣近所仲良くしないと暮らしにくくどこの家にも子供がいてお互い様で暮らしていた時代ですね。 今でも田舎だとか金持ちの豪邸とか程よく家と家が離れていれば良いのでしょうが、日本の庶民が住む住宅密集地は家と家の間が人ひとり通れるかという土地の狭さ。 話し声や生活音がお隣にも響き渡り、子供少なく高齢者が多くなり子供の騒音などにも厳しい時代。 毎日の暮らしの中で不満は溜まっていくものです。

2人がナイス!しています

1

いろいろな人がいますから 挨拶程度のおつきあいが1番かと 思います。 そういう意味かと。

1人がナイス!しています

1

人それぞれです。 自分。相手。内容により臨機応変に考えを変化させなければいけません。 ですので、「仲良くせず薄いお付き合いで」← いきなり、この考えを実行 する事が正解とは思いません。逆に嫌われて住みにくくなる可能性もあるか らです。 ご近所付き合いに限らず、人間関係なんて、そんなもんだと思います。 「この作戦で大丈夫」と言う考えは誰にでも通用するわけではありません。

1人がナイス!しています

2

おっしゃる通り、隣の草がボーボーで駐車場に入って来て、雨の日に車に乗る度に、足がベタベタになろうが、隣の物が敷地に入って様が、一切文句も言わず、にこにこ「おはようございますヽ(*´∀`)」が正解です♪

2人がナイス!しています